「Socket TR4」タグの記事一覧

ASUS、Ryzen Threadripper対応のX399ゲーミングマザーボード

ASUS JAPANはこのほど、AMDのハイエンドデスクトップ向けCPU「Ryzen Threadripper」に対応するゲーミングマザーボード「ROG STRIX X399-E GAMING」を発売した。店頭予想価格は税込49,000円前後。

  • ROG STRIX X399-E GAMING

    ROG STRIX X399-E GAMING

CPUファンやケースファンの回転速度をシステムの温度に応じて細かく制御できるファンコントロール機能「Fan Xpert 4」を搭載。PWMファンとDCファンの両方をサポートする。また、チップセットのヒートシンクと一体化した大型のM.2 SSD用のヒートシンクを備え、発熱による性能の低下を防ぐ。

サウンド機能として「SUPREME FX」を採用。フロントパネルのヘッドホン出力向けに2つのオペアンプを搭載することで、十分な電圧と電流を確保する。このほか、イルミネーション機能「Aura」をサポートする。

ソケット Socket TR4
チップセット AMD X399
メモリ DDR4-3600×8(最大128GB)
拡張スロット PCI Express 3.0 x16×4、PCI Express 2.0 x4×1、PCI Express 2.0 x1×1
ストレージ SATA 6Gb/s×6、M.2(PCIe 3.0×4接続対応)×2、U.2×1
対応RAID 0/1/5/10
ネットワーク GigabitEthernet×1、IEEE802.11 ac/n/a/g/b対応無線LAN、Bluetooth V4.2
サウンド SUPREME FX(Realtek ALC1220)
フォームファクタ Extended ATX
そのほか USB 3.1 Gen 2×3、 USB 3.1 Gen 1×12、 USB 2.0×4、オーディオジャック×1など
店頭予想価格 税込49,000円前後

ASUS、税込46,000円前後のRyzen Threadripper対応マザーボード

ASUS JAPANは9月14日、AMDの最新ハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」に対応したX399マザーボード「PRIME X399-A」を日本市場向けに販売すると発表した。9月15日に発売し、価格はオープン。店頭予想価格は税込46,000円前後。

メインストリーム向けの製品で、すでに販売中のハイエンドモデルから機能を絞り込むことで、価格を抑えた。CPU電圧の制御やオーバークロック関連の処理を行う「TPU」(TurboV Processing Unit)に、 電源回路の制御をはじめとした電力供給関連の処理を行う「EPU」(Energy Processing Unit)、 CPUのクロックを生成する「PRO Clock」の3つのチップにより、CPUの性能を最大限に引き出すという。

CPUファンとケースファン、 および液冷ポンプの回転速度を温度に応じて細かく制御できるファンコントロール機能「Fan Xpert 4」、金属で補強したPCI Expressスロットの「SafeSlot」、低ノイズ設計の「Crystal Sound 3」を搭載する。このほか、イルミネーション機能「Aura」をサポートする。

ソケット Socket TR4
チップセット AMD X399
メモリ DDR4 3600(OC)MHz×8(最大128GB)
拡張スロット PCI Express 3.0 x16×4、PCI Express 2.0 x4×1、PCI Express 2.0 x1×1
ストレージ SATA 6Gb/s×6、M.2(PCIe 3.0×4接続対応)×2、U.2×1
対応RAID 0/1/5/10
ネットワーク GigabitEthernet×1
サウンド High Definition Audio
フォームファクタ E-ATX
そのほか USB 3.1 Gen2×3、USB 3.1 Gen1×12、USB 2.0×4、オーディオジャック×1など
店頭予想価格 税込46,000円前後

ASUS、X399搭載のRyzen Threadripper対応ハイエンドマザーボード

ASUS JAPANは9日、ROGブランドのハイエンドマザーボードとして、AMDの最新CPU「Ryzen Threadripper」対応のAMD X399チップセットを搭載する「ROG ZENITH EXTREME」を発表した。8月10日より発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は税込74,000円前後。

ROG ZENITH EXTREME

AMD X399チップセットを搭載するROGブランドのハイエンドゲーミングマザーボード。メモリスロットと同形状の独自スロットを搭載し、独自のM.2拡張カード「DIMM.2」を装着可能。「DIMM.2」拡張カードは、表側 / 裏側にそれぞれM.2スロットを1基つずつ搭載しており、合計2基のM.2ストレージを増設できる。加えてカード上に冷却ファンを設置し、M.2ストレージのサーマルスロットリングを防止する。

ファンコントロール機能には「Fan Xpert 4」を搭載。CPUファン / ケースファン / 液冷ポンプの回転速度を、温度に応じて細かく制御できる。マザーボードの変形を防止する大小2つの独立バックプレートが装着されており、小型バックプレートは電源回路周辺の放熱を補助し、大型バックプレートは保護と放熱だけでなく背面を装飾する効果もあるという。

イルミネーション機能「Aura」にも対応しており、LEDによるライトアップも可能。チップセット上の「ROG」ロゴと、バックパネルカバーの「ZENITH EXTREME」ロゴの下のラインなどを発光させ、付属ソフトから光の色も自由に変更できる。10Gbps(理論値)の転送速度に対応する「ROG AREION 10G カード」も同梱されている。

■主な仕様
ソケット Socket TR4
チップセット AMD X399
メモリ DDR4-3600×8
拡張スロット PCI Express 3.0×16×4、PCI Express 2.0×4×1、PCI Express 2.0×1×1
ストレージ M.2×3、U.2×1、SATA 6Gbps×6
ネットワーク 1000BASE-T×1(Intel I211-AT)、IEEE802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.1
サウンド ROG SupremeFX 8ch HD
フォームファクタ E-ATX
そのほか USB 3.1 Type-C×1、USB 3.1 Type-A×17(8基がピンヘッダ)、USB 2.0×2(ピンヘッダ)など
発売日 8月10日
店頭予想価格 74,000円前後(税込)

ASRock、”Taichi”などRyzen Threadripper対応のX399マザーボード2モデル

マスタードシードはこのほど、AMDのハイエンドデスクトップ向けCPU「Ryzen Threadripper」に対応した、X399チップセット搭載のASRock製マザーボード「Fatal1ty X399 Professional Gaming」と「X399 Taichi」の取り扱いを開始した。8月10日22時の発売を予定し、8月4日から予約の受付を開始する。店頭予想価格は「Fatal1ty X399 Professional Gaming」が税別61,800円前後、「X399 Taichi」が税別48,800円前後。

Fatal1ty X399 Professional Gaming

Fatal1ty X399 Professional Gaming

ハイエンド向けのゲーミングマザーボード。電源回路は11フェーズ設計で、IRデジタルPWMとDr.MOSによって安定した電源供給を実現するという。 PCIe 3.0 x16スロットを4基備え(x16/x8/x16/x8)、4-Way CrossFireXと4-Way SLIをサポートするほか、PCIe Gen3 x4接続に対応した3基のM.2スロットを搭載する。

通信機能としてギガビット対応有線LAN、IEEE802.11ac対応無線LANに加えて、10Gbit有線LAN(AQUANTIA製コントローラ)が利用できる。このほか、サウンド機能としてCreative SoundBlaster Cinema 3に対応する。

ソケット Socket TR4
チップセット AMD X399
メモリ DDR4 3600+(OC)MHz×4(最大64GB)
拡張スロット PCI Express 3.0 x16×4、PCI Express 3.0 x1×1
マルチGPU 4-Way CrossFireX、4-Way SLI
ストレージ SATA 6Gb/s×8、M.2(PCIe 3.0×4接続対応)×3、U.2×1(M.2と排他)
対応RAID 0/1/5/10
ネットワーク 10Gbit有線LAN×1(AQUANTIA)
ギガビット対応有線LAN×2(Intel)
IEEE802.11a/b/g/n/ac対応有線LAN(Intel)
サウンド High Definition Audio(Realtek ALC1220)
フォームファクタ ATX
そのほか USB 3.1×2(Type-A×1、Type-C×1)、USB 3.0×12、USB 2.0×4、オーディオジャック×1など
店頭予想価格 税別61,800円前後

X399 Taichi

Fatal1ty X399 Professional Gaming

汎用性の高いメインストリーム向けマザーボード。基本的な機能は「Fatal1ty X399 Professional Gaming」と共通だが、10Gbit有線LANやCreative SoundBlaster Cinema 3を非搭載とすることで価格を抑えている。

ソケット Socket TR4
チップセット AMD X399
メモリ DDR4 3600+(OC)MHz×4(最大64GB)
拡張スロット PCI Express 3.0 x16×4、PCI Express 3.0 x1×1
マルチGPU 4-Way CrossFireX、4-Way SLI
ストレージ SATA 6Gb/s×8、M.2(PCIe 3.0×4接続対応)×3、U.2×1(M.2と排他)
対応RAID 0/1/5/10
ネットワーク ギガビット対応有線LAN×2(Intel)
IEEE802.11a/b/g/n/ac対応有線LAN(Intel)
サウンド High Definition Audio(Realtek ALC1220)
フォームファクタ ATX
そのほか USB 3.1×2(Type-A×1、Type-C×1)、USB 3.0×12、USB 2.0×4、オーディオジャック×1など
店頭予想価格 税別48,800円前後

MSI、Ryzen Threadripper対応マザーボード「X399 GAMING PRO CARBON AC」

台湾MSIは8月2日、AMDのハイエンドデスクトップ向けCPU「Ryzen Threadripper」に対応したX399チップセット搭載マザーボード「X399 GAMING PRO CARBON AC」を日本市場向けに販売すると発表した。8月10日の発売を予定し、8月4日から店頭での先行予約受付を開始する。店頭予想価格は税別52,800円。

X399 GAMING PRO CARBON AC

Ryzen Threadripper対応のSocket TR4をサポートするマザーボード。電源回路にMOSFET とドライバをシングルチップに統合したDrMOSを搭載し、10+3フェーズのデザインを採用する。安定した電源供給を実現することで、アグレッシブなオーバークロックにも対応するという。

MSI独自の品質基準「Military Class」がMilitary Class VIに進化。小型化を果たしながら電力効率と電力供給が向上したTitanium Choke II、長寿命のDark CAP、より低温度で動作するDark Chokeを搭載する。

ヒートシンクにLEDを内蔵し、イルミネーション機能「Mystic Light」をサポート。ヒートシンクカバーは交換が可能で、標準装備のカーボンタイプに加え、金と銀のカバーも付属するほか、3Dプリンタを利用してオリジナルの拡張パーツを作ることもできる。

ソケット Socket TR4
チップセット AMD X399
メモリ DDR4 3600MHz(OC)×8(最大128GB)
拡張スロット PCI Express 3.0 x16×4(うち2基はx8動作)、PCI Express 2.0 x1×2
マルチGPU AMD 4way CrossFireX、NVIDIA 4way SLI
ストレージ SATA 6Gb/s×8、M.2(PCIe 3.0×4接続対応)×3
対応RAID 0/1/5/10
ネットワーク GigabitEthernet×1(Intel I211)
IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN + Bluetooth 4.2(Intel Dual Band Wireless-AC 8265)
サウンド Audio Boost 4
フォームファクタ ATX
そのほか USB 3.1 Gen2×4(Type-A×1、Type-C×2、ピンヘッダ×1)、USB 3.1 Gen1×12(うち4基はピンヘッダ)、USB 2.0×6(うち4基はピンヘッダ)、オーディオジャック×1など
店頭予想価格 税別52,800円

GIGABYTE、X399搭載マザー”X399 AORUS Gaming 7″を10日発売 – 税別52,800円

台湾GIGABYTEは8月2日、AMDのハイエンドデスクトップ向けCPU「Ryzen Threadripper」に対応したX399チップセット搭載のマザーボード「X399 AORUS Gaming 7」を、日本市場向けに販売すると発表した。8月10日の発売を予定し、8月4日から店頭での先行予約受付を開始する。店頭予想価格は税別52,800円。

「Ryzen ThreadRipper」は、メインストリーム向けCPU「Ryzen」シリーズの上位に当たるモデルで、最大で16コア/32スレッドを実装する。16コア/32のスレッドの最上位モデルRyzen Threadripper 1950X、12コア/24スレッドのRyzen Threadripper 1920Xが8月10日に発売される。価格はRyzen Threadripper 1950Xが税別145,800円、Ryzen Threadripper 1920Xが税別115,800円。

「X399 AORUS Gaming 7」は、最新世代のPWMコントローラやPowIRstageコントローラ、チョークコイルといったサーバクラスの電源回路を採用。また、金メッキ仕様の電源コネクタ、サージプロテクションなどを搭載する。

メモリスロット、PCI Express x16スロット、チップセットのヒートシンク、バックパネルのカバー、オーディオ回路付近にLEDを内蔵し、イルミネーション機能「RGB FUSION」に対応する。さらにデジタルLEDテープ用のピンヘッダも搭載し、個別に色やイルミネーションのパターンをコントロールできる。

Ryzen ThreadRipperとX399環境では、PCI Expressを64レーンサポートするが、「X399 AORUS Gaming 7」では。48レーンをマルチGPU構成向けに確保する。このほか、ストレージインタフェースとして、PCI Express 3.0 x4接続に対応したM.2スロットを3基搭載する。

ソケット Socket TR4
チップセット AMD X399
メモリ DDR4 2667MHz×8(最大128GB)
拡張スロット PCI Express 3.0 x16×4(うち2基はx8動作)、PCI Express 2.0 x16×1(x4動作)
マルチGPU AMD Quad CrossFireX、NVIDIA Quad SLI
ストレージ SATA 6Gb/s×8、M.2(PCIe 3.0×4接続対応)×3
対応RAID 0/1/5/10
ネットワーク GigabitEthernet×1(Killer E2500)
IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN + Bluetooth 4.2
サウンド High Definition Audio(Realtek ALC1220)
フォームファクタ ATX
そのほか USB 3.1 Gen2×2(Type-A×1、Type-C×1、ピンヘッダ×1)、USB 3.1 Gen1×10(うち2基はピンヘッダ)、USB 2.0×4(ピンヘッダ)、オーディオジャック×1など
店頭予想価格 税別52,800円

COMPUTEX TAIPEI 2017 – ASUSはRyzen Threadripperに気合十分! X399マザー「ROG ZENITH EXTREME」

ASUSTeK Computerは、COMPUTEX TAIPEI 2017の期間中に同社製マザーボードの新製品を紹介するメディア向け説明会を開始。そこでAMDが2017年夏の投入を予定する最大16コアのハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」に対応した、X399チップセット搭載モデル「ROG ZENITH EXTREME」を公開した。

ROG ZENITH EXTREME

ここ数年間、AMDがAPU中心の製品展開をしていたこともあって、ASUSのAMD向けマザーボードでは、上位モデルでもミドルハイクラスの製品を投入するに留まっていた。ハイエンドクラスといえば、2012年の「Crosshair V Formula-Z」くらいまでさかのぼれるかもしれない。

しかし、Ryzenの登場により、その流れも変わりつつある。X370搭載モデルこそゲーミングブランド「ROG」でも、ミドルレンジの「ROG CROSSHAIR VI HERO」だったが、「Ryzen Threadripper」向けのX399搭載モデルでは、”ZENITH”という新たなシリーズ、そして名前に”EXTREME”を関したフラグシップというべき製品を投入するとあって、気合の入りようが伺える。

X399では、CPUソケットとして「Socket TR4」を採用。「Ryzen Threadripper」自体が非常に巨大なパッケージとなっているので、当然ソケット部分も大きい。クーラーが干渉しないように、CPU用の電源コネクタは右上の方に配置されている。電源回路はIntel X299搭載モデル「ROG RAMPAGE VI EXTREME」と同じものをベースとしているという。

ソケットはかなりの大きさ

LGA2066のカバーとの比較。大きさは段違いだ

メモリスロットは左右に4基ずつ、さらにZ270マザーボード「ROG MAXIMUS IX APEX」で採用された拡張カード「DIMM.2」用のスロットも1基備える。PCI Express x16は4基、いずれも金属で補強したSafeSlot仕様。「Ryzen Threadripper」では、最大64レーンのPCIe 3.0レーンをサポートすることが明かされており、これを生かせる構成だ。また、M.2は前述の「DIMM.2」で2基、オンボードで1基を搭載する。オンボードのM.2スロットは、チップセットのヒートシンクで冷却される。

メモリスロットは4基

メモリスロットとは別に「DIMM.2」向けスロットを備える

また、ネットワーク周りもハイエンド仕様だ。ギガビット対応有線LANに加えて、IEEE802.11adを標準でサポートする。また、拡張カードによって、10Gbit Ethernetもサポートする。

10Gbit Ethernet用の拡張カード

サブコンテンツ

このページの先頭へ