「GeForce GTX 1080」タグの記事一覧

G-Tune、Ryzen 7 2700X搭載ゲーミングPCを発売

マウスコンピューターは20日、ゲーミングPCブランド「G-Tune」にて、AMDが19日22時に発表したばかりの第2世代Ryzenプロセッサを搭載したデスクトップPC「NEXTGEAR-MICRO am540PA2」を発売した。直販価格は税別174,800円。

  • NEXTGEAR-MICRO am540PA2

第2世代Ryzen 2000シリーズは、開発コード名「Pinnacle Ridge」で知られる12nmプロセスのAMD最新CPU。前世代から、対応するメモリバンド幅を強化し、動作クロックを向上。回路自体に変更は加えられていないが、パフォーマンスが大きくアップしている。

「NEXTGEAR-MICRO am540PA2」標準構成の主な仕様は、CPUがAMD Ryzen 7 2700X、チップセットがAMD B350、メモリが16GB PC4-19200(8GB×2)、ストレージが1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080 8GB、光学ドライブが非搭載など。OSはWindows 10 Home 64bit。価格は税別174,800円。

このほか、「マウスコンピューターダイレクトショップ」では、「NEXTGEAR-MICRO am540PA2」の発売を記念し、Ryzen搭載PCのラインナップを拡充。AMD Ryzen 7 2700X搭載モデルのほか、第1世代RyzenとなるRyzen 7 1800X搭載ゲーミングPCや、Ryzen 5 1600X搭載ゲーミングPCなどが揃えられている。

G-Tune、レインボーシックス シージ アドバンス付属のゲーミングPC

マウスコンピューターは4月16日、ゲーミングPCブランド「G-Tune」から、「レインボーシックス シージ アドバンスエディション PC版」を付属するゲーミングPC「NEXTGEAR-MICRO im570SA1-R6S」と「NEXTGEAR i670PA1-R6S」を発売した。BTO対応で価格はそれぞれ、税別112,800円からと税別204,800円から。

両機種とも、G-Tuneがスポンサードするプロゲーミングチーム「Team:GODSGARDEN」所属の「ふり~だ」選手が協力。レインボーシックス シージの大会公式解説者でもあるふり~だ選手の豊富なゲーム知識に基づき、プレイスタイル別にラインナップしている。

NEXTGEAR-MICRO im570SA1-R6Sは、価格を抑えつつ、60FPS以上のフレームレートで安定してプレイできるミドルクラスの仕様にまとめた、初めてこのゲームをプレイするユーザー向けのエントリーモデル。

一方、NEXTGEAR i670PA1-R6Sは、性能に妥協したくないベテランのプレイヤー向けで、画面設定を高品質に設定しても高フレームレートでプレイできるハイエンドモデルとなっている。

いずれも、購入から1年間、無償修理保証と24時間の無償電話サポートサービスが付く。

レインボーシックス シージは、世界中にコアなファンの多いFPSゲームのシリーズ最新作。シリーズの累計販売本数は2,700万本に達する。レインボーシックス シージ アドバンスエディションは、発売から3年目となるレインボーシックス シージをより楽しめるよう、通常版には含まれないイベント限定装飾アイテムが手に入る「10個のOutbreakコレクションパック」や、コンテンツ追加に利用できる「600 R6クレジット」が含まれる。

NEXTGEAR-MICRO im570SA1-R6Sの主な仕様(標準構成時)は、CPUがIntel Core i5-7400(3.00GHz)、チップセットがIntel H110、メモリがPC4-19200 16GB、ストレージが1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060 3GB。OSはWindows 10 Home 64bit。光学ドライブやカードリーダーはBTOでのオプションとなる。

インタフェースは、USB 3.0×3、USB 2.0×4、DVI-D×1、DisplayPort×3、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応有線LAN×1、マイクヘッドホンコンボジャック×1、ラインイン/ラインアウト/マイクイン×1など。電源ユニットは500W(80PLUS BRONZE)。本体サイズはW196×D430×H417mm、重量は約9.5kg。

NEXTGEAR i670PA1-R6Sの主な仕様(標準構成時)は、CPUがIntel Core i7-8700K(3.70GHz)、チップセットがIntel Z370、メモリがPC4-19200 16GB、ストレージが240GB SSDおよび2TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080 8GB。OSはWindows 10 Home 64bit。光学ドライブはBTOでのオプションだ。

インタフェースは、USB 3.1 Type-A(Gen2)×2、USB 3.0×6、USB 2.0×2、DVI-D×1、DisplayPort×3、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応有線LAN×1、マルチカードリーダー×1、ラインイン/ラインアウト/ヘッドホン、マイク入力(モノラル)、ラインイン/ラインアウト/リアスピーカー/センター・サブウーファー/サイドスピーカー×1など。電源ユニットは700W(80PLUS BRONZE)。本体サイズはW190×D533(フロントパネル着脱後470)×H450mm、重量は約10.1kgとなる。

(c)2015-2018 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Tom Clancy’s, Rainbow Six, The Soldier Icon, Ubisoft and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries.

iiyama PC、Core i7やGTX 1080採用のクリエイター向け17.3型ノート

ユニットコムは13日、「iiyama PC」ブランドのクリエイター向け「SENSE∞」より、Intel Core i7とNVIDIA GeForce GTX 1080、M.2 SSDを搭載した、17.3型ノートPC「SENSE-17FG101-i7-VNRX [Windows 10 Home]」を発売した。BTOに対応し、価格は税別319,980円~。

高い基本性能と広い画面サイズを備え、CGや動画、3Dモデリングなどのクリエイティブな用途がストレスのなくこなせるハイエンドPCとなっている。17.3型で非光沢画面のIPS液晶パネル(1,920×1,080ドット)は、NVIDIA G-SYNCに対応。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-8700(3.20GHz)、チップセットがIntel Z370、メモリがDDR4-2400 32GB(8GB×4)、ストレージがM.2 SSD 500GB(NVMe)、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080(8GB)、光学ドライブは非搭載。OSはWindows 10 Home 64bit。

ネットワークは、Gigabit Ethernet有線LAN×1、IEEE802.11 ac/a/b/g/n対応 2×2 Dual Band Wi-Fi、Bluetooth 4.2。インタフェースは、200万画素Webカメラ、USB 3.1/Thunderbolt 3兼用ポート×1(Type-C)、USB 3.1×1(Type-C)、USB 3.0×4、HDMI×1、DisplayPort×1、SD/SDHC/SDXCメモリーカードスロット×1など。バッテリー駆動時間は約2.7時間。本体サイズは約W418×D296×H41mm、重量は約4.28kgだ。

新型CPUにAdobe RGB比100%の4K-UHDディスプレイが魅力 – ハイパフォーマンス17.3型ノートPC「DAIV-NG7620シリーズ」

マウスコンピューターがクリエイター向けPCブランドとして販売している「DAIV(ダイブ)」シリーズ。デスクトップPCとノートPCの2タイプが販売されているが、今回紹介するのは、17.3型4K液晶ディスプレイを搭載したノートPC「DAIV-NG7620シリーズ」。同じく17.3型で4K液晶ディスプレイを搭載した「DAIV-NG7500シリーズ」もあるが、大きな違いはAdobe RGB比100%の色域が表示できること。また、外部グラフィックスも「NVIDIA GeForce GTX 1080(8GB)」にパワーアップされているので、多大な負荷のかかる画像・映像系アプリケーションも高解像度で快適に表示させることができる。ありとあらゆる高スペックパーツを詰め込んでおり、フラグシップモデルの名に恥じない満足のいく仕上がりになっている。

マウスコンピューターより同シリーズの「DAIV-NG7620E1-S5」を借用したので、こちらについてレビューしていこう。

  • マウスコンピューター「DAIV-NG7620シリーズ」299

    マウスコンピューター「DAIV-NG7620シリーズ」299,800円(税別)~

  • パッケージには本体、ACアダプタ、電源ケーブル、マニュアル類(製品仕様書、ファーストステップガイド、マウスコンピューターサポートマニュアル、保証書、色域出荷データシート)が同梱されている

    パッケージには本体、ACアダプタ、電源ケーブル、マニュアル類(製品仕様書、ファーストステップガイド、マウスコンピューターサポートマニュアル、保証書、色域出荷データシート)が同梱されている

借用したノートPC「DAIV-NG7620E1-S5」は、CPUが最新のIntel Core i5-8400でメモリが8GB、Serial ATA接続のM.2 SSD 512GBを搭載したモデル。「DAIV-NG7620シリーズ」は本モデルを含めて6製品がラインナップされており、目的に応じて必要な構成を選択することができる。ハイエンドのグラフィックスであるGeForce GTX 1080を搭載し、チップセットがIntel Z370なのは全モデルとも共通。ノートPCとはいえ、中身はデスクトップPCの上位機種と同等なので、非常に高い性能が特徴だ。シリーズ最上位のモデル「DAIV-NG7620U1-M2SS」では、Core i7-8700Kにメモリが64GB、1TBのNVMe対応 M.2 SSDが2基、1TBのSSDが2基の構成となっており、かなりのハイパフォーマンスが見込める。

BTOメニューは豊富なので、「DAIV-NG7620E1-S5」もユーザー好みに細かくカスタマイズすることができる。例えば、CPUはさらに処理能力が高いCore i7-8700やCore i7-8700Kに、メモリは16GB/32GB/64GBにアップグレードすることが可能だ。ストレージも3000MB/sの連続読み出し性能を持つNVMe接続に対応したSSDや、容量が大きいSerialATA III接続の2TB SSD、もしくは2TBのHDDを搭載することもできる。

「DAIV-NG7620シリーズ」のラインナップ
型番(価格:税別) CPU メモリ ストレージ
DAIV-NG7620E1-S5
(299,800円)
Core
i5-8400
8GB 512GB M.2 SSD
DAIV-NG7620E1-SH2-DGP
(309,800円)
16GB 240GB SSD、
1TB HDD
DAIV-NG7620S1-SH5
(329,800円)
Core
i7-8700
512GB M.2 SSD、
1TB HDD
DAIV-NG7620S2-SH5-DGP
(349,800円)
32GB 480GB SSD、
1TB HDD
DAIV-NG7620M1-M2S10
(399,800円)
Core
i7-8700K
1TB NVMe対応
M.2 SSD
DAIV-NG7620U1-M2SS
(569,800円)
64GB 1TB NVMe対応
M.2 SSD×2、
1TB SSD×2

6コア搭載ノートPCが続々登場、Intelイベントで見つけた新製品たち

既報の通り、Intelは4月3日に中国・北京で新CPUの発表イベントを開催した。ノートPC向けとしては初となるCore i9ブランドの製品を投入。ゲーム向けをはじめとするハイパフォーマンスはノートPCでは、6コアがメインストームになろうとしている。

イベントでは、DELLやHP、Lenovoといったデバイスメーカーも参加し、緊密なパートナーシップをアピール。また新CPUを搭載した新製品が多数展示されていた。日本国内で製品を展開するメーカーを中心にチェックしたい。

DELL – ALIENWARE 17

  • ALIENWARE 17

DELLはALIENWARE 17の新モデルを展示。6コア/12スレッドのIntel Core i9-8950HK​、NVIDIA GeForce GTX 1080を搭載。インタフェースなどは従来モデルから変わらず、筐体はほぼ同じようだ。6コアCPUを採用し、発熱的には上がるはずだが、もともとALIENWAREの筐体では冷却能力に余裕があるということだろう。

HP – OMEN X

  • OMEN X

HPはOMENブランドのノートPC「OMEN X」を展示。まだ同社のWebサイトで製品の情報が公開されていないので、展示機のざっくりとしたスペックを紹介すると、6コア/12スレッドのIntel Core i7-8750H、8GB、256GB SSD + 2TB HDD、NVIDIA GeForce GTX 1050 Tiを搭載していた。

Lenovo – Legion

Lenovoもゲーミングブランド「Legion」のノートPCを展示。6コア/12スレッドのIntel Core i7-8750H、16GB、1TB HDD、NVIDIA GeForce GTX 1050 Tiを搭載。筐体を刷新したようで、特に背面はこれまでの少し丸みのあるデザインから、直線的なイメージとなっている。また天板の「Y」ロゴの部分も変化している。

  • インタフェース類

ASUS – ROG Zephyrus M

ASUSは新CPUに合わせてROGブランドからノートPC新モデルをいくつか発表している。会場に展示されていたのは、「Zephyrus M(GM501)」で、すでに展開する17.3型ノートPC「Zephyrus」の15.6型バージョンとなる。ディスプレイを開くと底面と側面をつなぐ部分に通気口が表れるギミックも健在だ。

6コア/12スレッドのIntel Core i7-8750H、32GBメモリ、512GB SSD + 1TB HDD、NVIDIA GeForce GTX 1070を搭載。ディスプレイは144Hzの高速駆動に加えて、G-SYNCをサポートする。また、OptimusモードとDiscrete Graphicsモードを切り替えられる独自のソフトウェアを提供するという。

もう1モデル、発表会での公演中に「Zenbook Pro」として紹介された製品も展示されていた。こちらはIntel Core i7-8750H、16GBメモリ、1TB HDD、NVIDIA GeForce GTX 1050 Tiを搭載する。

  • Zenbook Pro

MSI – GE Raider RGB

ブースでカラフルなキーボードライティングを行っていたのがMSI。同社も新CPUに合わせて、ノートPC 3モデルを発表した。展示されていたのは、新ブランドとなる「GE Raider RGB」。キー1つ1つにイルミネーションの色やパターンを設定可能だという。ディスプレイは120Hz駆動をサポートする。

そのほかのスペックは、Intel Core i7-8750H、16GBメモリ、256GB SSD + 1TB HDD、NVIDIA GeForce GTX 1070。

Acer

Acerは展示機の詳細を確認できなかったのだが、4コア/8スレッドのIntel Core i5-8300H、12GBメモリ、256GB SSD、NVIDIA GeForce GTX 1050 Tiを搭載。スペックから見ると、ゲーミングというよりはハイパフォーマンスノートPCという位置付けと思われる。

GIGABYTE – 狭ベゼルの15.6型ノートPC

GIGABYTEは狭ベゼルが特徴のAEROシリーズを展示。グラフィックスにNVIDIA GeForce GTX 1070を搭載していることから「AERO 15X」と思われる。ベゼル幅は5㎜で、本体の薄さは18㎜、重量は2kgと薄型軽量に仕上げている。

  • 狭ベゼルのAERO 15X

CPUは6コアのIntel Core i7-8750H、メモリは16GB、ストレージは512GB SSD。ディスプレイは15.6型で144Hz駆動をサポート。解像度は最大4Kとのこと。

AEROシリーズは日本国内で展開していないのだが、GIGABYTEのゲーミングブランド「AORUS」の公式Facebookアカウントによると「日本でも販売の予定があります」とのこと。薄型ゲーミングノートPCに新たな選択肢が加わりそうだ。

iiyama PC、VIVE推奨認定のVR開発向け17.3型ハイエンドノートPC

ユニットコムは3月29日、「iiyama PC」ブランドの「SOLUTION∞」より、VIVE推奨を取得したVR開発向け17.3型ノートPC「SOLUTION-17FG101-i7K-VNRS-DevelopVR」を発売した。BTOに対応し、標準構成価格は307,778円(税込)。

ヘッドマウントディスプレイ「VIVE」 の推奨認定を取得した、VRコンテンツ開発向けの17.3型ノートPC。グラフィックスには、GeForce GTX VR READY対応のNVIDIA GeForce GTX 1080を搭載する。

標準構成時の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-8700K(3.70GHz)、チップセットがIntel Z370、メモリがDDR4-2400 16GB(8GB×2)、ストレージが240GB SSD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080(8GB)。OSはWindows 10 Home 64bit。

ネットワークは、Gigabit Ethernet有線LAN×1、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.2。インタフェースは、USB 3.1 Type-C×2(1基はThunderbolt 3兼用)、USB 3.0×4、HDMI×1、DisplayPort×2、SDメモリーカードリーダーなど。バッテリ駆動時間は約2.7時間。本体サイズは約W418×D296×H41mm、重量は約4.28kg。

iiyama PC、第8世代Intel CoreとGTX 1080 Ti搭載の小型ゲーミングPC

ユニットコムは3月23日、「iiyama PC」ブランドの「LEVEL∞」より、第8世代Intel Core i7とNVIDIA GeForce GTX 1080 Tiを搭載するコンパクトゲーミングデスクトップPC「LEVEL-C37N-LCi7K-XNVI」を発売した。直販の「パソコン工房」価格は248,378円(税込)。

C-Classに属し、第8世代Intel Core i7-8700Kを搭載するゲーミングデスクトップPC。CPUが6コア/12スレッドの最大4.7GHz駆動になったことで、高い処理性能を発揮する。グラフィックスはNVIDIA GeForce GTX 1080 Tiで、ストレージはNVMe対応のM.2 SSDを採用。描画性能のみならず、アクセス速度も高速になっている。

ケースはコンパクトながらカスタマイズ性に優れ、メッシュパネルの採用で排熱効果も高い。オプション装備には、前面エアフロー構成やLEDファンなどを選択可能。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-8700K(3.70GHz)、チップセットがIntel Z370、メモリがDDR4-2666 16GB(8GB×2)、ストレージが250GB NVMe M.2 SSD+2TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080 Ti(11GB)。OSはWindows 10 Home 64bit。

ネットワークはGigabit Ethernet対応有線LAN×2、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.2。インタフェースは、USB 3.1 Type-C×1、USB 3.0×8、HDMI×2、DisplayPort×1など。本体サイズはW177×D388×H296mm。

ハイスペックPCが5,000円引き、DetonatioN主催大会記念キャンペーン

マウスコンピューターは3月22日、ゲーミングPCブランド「G-Tune」より、DetonatioN Gaming推奨ハイスペックPCが期間限定で5,000円引きとなる「DetonatioN主催大会開催記念キャンペーン」を実施する。

今回のキャンペーンは、3月25日に開催されるDetonatioN Gaming主催のゲーム大会「PUBG DNG CUP 2018 SPRING Powered by G-Tune」への協賛を記念して行われるもの。DetonatioN Gaming推奨ハイスペックPCが5,000円引きで購入できる。キャンペーン期間は、3月22日午前11:00~4月4日午前11:00まで。

割引対象モデルは、Intel Core i7-8700K、NVIDIA GeForce GTX 1080(8GB)搭載の「NEXTGEAR i670PA2-SMM」。通常価格(税別)229,800円が224,800円となる。

iiyama PC、6コアCPU・GTX 1080採用の17型ゲーミングノートPC

ユニットコムは19日、iiyama PCブランドのLEVEL∞にて、デスクトップPC向けの6コアCPUを搭載した17型ノートPC「LEVEL-17FG101-i7K-VNRVI」を発表した。BTOカスタマイズが可能で、直販の「パソコン工房Webサイト」価格は税別329,980円から。

  • LEVEL-17FG101-i7K-VNRVI

デスクトップPC向けの6コア/12スレッドCPU、Intel Core i7-8700Kと、NVIDIA GeForce GTX 1080を採用した17型ゲーミングノートPC。ゲーム内の動きの速い映像を滑らかに表示するG-SYNCにも対応する。液晶パネルは広視野角のIPSで、解像度は1,920×1,080ドットのフルHD。ストレージは、NVMe接続の500GB M.2 SSDに加え、1TB HDDも備えたツインドライブ構成を採用し、高速アクセスと大容量を両立した。

標準構成時の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-8700K(3.70GHz)、チップセットがIntel Z370、メモリがDDR4-2400 32GB(8GB×4)、ストレージが500GB M.2 SSD + 1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080 8GB GDDR5Xなど。光学ドライブは非搭載。OSはWindows 10 Home 64bit。

iiyama PC「SENSE∞」、Quadro P4000搭載など3Dペイント向けPC

ユニットコムは3月9日、「iiyama PC」ブランドの「SENSE∞」より、3Dペイントツール向けのデスクトップPC(2モデル)とノートPC(1モデル)を発売した。いずれもBTOによるカスタマイズに対応する。

SENSE-R037-i7-VNS-CMG

「SENSE-R037-i7-VNS-CMG」は、3Dペイントツールが快適に動作するよう調整されたデスクトップPC。標準構成価格は226,778円(税込)。

クリーチャーデザイナーの森田悠揮氏が監修しており、モデリングした3Dデータへリアルタイムにペイントを行う「Substance Painter」や、「MARI」などが快適に動作するスペック構成とした。グラフィックスにはNVIDIA GeForce GTX 1080を搭載。3Dペイントの高負荷を想定しており、32GBのメモリと480GB SSDを標準で搭載する。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-8700(3.20GHz)、チップセットがIntel Z370、メモリがDDR4-2666 32GB(16GB×2)、ストレージが480GB SSD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080(8GB)。OSはWindows 10 Home 64bit。

インタフェースは、Gigabit Ethernet有線LAN×1、USB 3.1×2、USB 3.0×6、DVI-D×1、D-sub×1、DisplayPort×1など。本体サイズは約W190×D485×H424mm。

SENSE-R029-i7SX-QVS-CMG

「SENSE-R029-i7SX-QVS-CMG」は、CPUがIntel Core i7-7800X(3.50GHz)のモデル。標準構成価格は329,378円(税込)。グラフィックスがNVIDIA Quadro P4000(8GB)に変更されている。その他の仕様は「SENSE-R037-i7-VNS-CMG」とほぼ共通。

SENSE-15FQP40-i7-QVRS-CMG

「SENSE-15FQP40-i7-QVRS-CMG」は、持ち運び可能な15.6型ノートモデル。標準構成価格は299,138円(税込)。15.6型のディスプレイはIPS方式の非光沢(ノングレア)タイプで、解像度は1,920×1,080ドット(フルHD)。グラフィックスにはNVIDIA Quadro P4000を搭載する。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7700HQ(2.80GHz)、チップセットがIntel HM175、メモリがDDR4-2400 32GB(16GB×2)、ストレージが480GB SSD、グラフィックスがNVIDIA Quadro P4000(8GB)。OSはWindows 10 Home 64bit。

ネットワークは、Gigabit Ethernet有線LAN×1、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.2。インタフェースは、USB 3.1 Type-C×2、USB 3.0×3、HDMI×1、DisplayPort×2など。バッテリ駆動時間は約5.9時間。本体サイズは約W380×D255×H22mm、重量は約2.2kg。

サブコンテンツ

このページの先頭へ