「GeForce」タグの記事一覧

G-Tune、Ryzen 7 2700X搭載ゲーミングPCを発売

マウスコンピューターは20日、ゲーミングPCブランド「G-Tune」にて、AMDが19日22時に発表したばかりの第2世代Ryzenプロセッサを搭載したデスクトップPC「NEXTGEAR-MICRO am540PA2」を発売した。直販価格は税別174,800円。

  • NEXTGEAR-MICRO am540PA2

第2世代Ryzen 2000シリーズは、開発コード名「Pinnacle Ridge」で知られる12nmプロセスのAMD最新CPU。前世代から、対応するメモリバンド幅を強化し、動作クロックを向上。回路自体に変更は加えられていないが、パフォーマンスが大きくアップしている。

「NEXTGEAR-MICRO am540PA2」標準構成の主な仕様は、CPUがAMD Ryzen 7 2700X、チップセットがAMD B350、メモリが16GB PC4-19200(8GB×2)、ストレージが1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080 8GB、光学ドライブが非搭載など。OSはWindows 10 Home 64bit。価格は税別174,800円。

このほか、「マウスコンピューターダイレクトショップ」では、「NEXTGEAR-MICRO am540PA2」の発売を記念し、Ryzen搭載PCのラインナップを拡充。AMD Ryzen 7 2700X搭載モデルのほか、第1世代RyzenとなるRyzen 7 1800X搭載ゲーミングPCや、Ryzen 5 1600X搭載ゲーミングPCなどが揃えられている。

パソコン工房、AMD最新の第2世代Ryzenプロセッサ搭載PCを販売開始

ユニットコムは19日、AMD最新の第2世代Ryzenプロセッサを搭載したBTO PCおよび、単品パーツの販売を開始した。

AMD最新の第2世代Ryzenプロセッサは、前世代から製造プロセスを12nmプロセスに改良し、動作クロックを向上させたCPU。ラインナップはRyzen 7シリーズとRyzen 5シリーズの2シリーズがあり、最上位モデルのRyzen 7 2700Xは8コア16スレッドで、最大4.3GHzとなる高い動作クロックを実現した。

第2世代Ryzenプロセッサで採用されるZEN+アーキテクチャは、前世代のZENアーキテクチャからL1/L2/L3キャッシュや、DRAMメモリのレイテンシの改善、DR4-2933への対応など、特にメモリ周りの改善が行われている。また、PCの使用状況にあわせ、動的に動作クロックを調整する「Precision Boost2」機能も搭載。これにより、2コア以上の使用環境で動作クロックが最適化され、より効率的なパフォーマンスを発揮するという。

ユニットコムでは、PCショップ「パソコン工房」のWebサイトなどで、第2世代Ryzenを搭載するBTO PCや、第2世代Ryzen単体パーツの販売を開始する。BTO PCでは、日常使い向けの「STYLE∞」シリーズやゲーミング向けの「LEVEL∞」シリーズ、クリエイター向けの「SENSE∞」シリーズで、新モデルを用意する。ラインナップ例は下記の通り。

STYLE-R0X3-R52-LN

  • STYLE-R0X3-R52-LN

標準構成の主な仕様は、CPUがAMD Ryzen 5 2600、チップセットがAMD X370、メモリがDDR4-2400 8GB(4GB×2)、ストレージが1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1050 2GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチなど。OSはWindows 10 Home 64bit。価格は税別102,980円。

LEVEL-M0B3-R52-RNJ

  • LEVEL-M0B3-R52-RNJ

標準構成の主な仕様は、CPUがAMD Ryzen 5 2600、チップセットがAMD B350、メモリがDDR4-2400 8GB(4GB×2)、ストレージが1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060 3GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチなど。OSはWindows 10 Home 64bit。価格は税別106,980円。

SENSE-R0X3-R72X-QZ

  • SENSE-R0X3-R72X-QZ

標準構成の主な仕様は、CPUがAMD Ryzen 7 2700X、チップセットがAMD X370、メモリがDDR4-2400 32GB(16GB×2)、ストレージが1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA Quadro P2000 5GB GDDR5、光学ドライブが非搭載など。OSはWindows 10 Home 64bit。価格は税別192,980円。

マウス、Xeon スケーラブル・プロセッサを搭載した高性能PC

マウスコンピューターは19日、法人向けPCブランド「MousePro」にて、IntelのXeon スケーラブル・プロセッサを採用したワークステーション「MousePro W9」シリーズを発表した。同日販売開始し、直販価格は税別428,000円から。

ワークステーション機能に特化したハイエンドPC。OSにはWindows 10 Pro for Workstationsを採用し、プロセッサには、Intelが2017年7月に発表した「Intel Xeon スケーラブル・プロセッサ」を搭載。並列処理が求められる動画編集やCGレンダリング向けには、コア数の多い「Intel Xeon Gold プロセッサ」、消費電力を重視する場合は「Intel Xeon Silver プロセッサ」など、用途に応じたカスタマイズが行える。

メモリは最大128GBまで搭載可能。拡張ポートはUSB 3.0×6基(前面×2、背面×4)、USB 3.1×2基(背面×2、1基はType-C)、ギガビット準拠のLANポートを2基搭載する。グラフィックスはGeForceもしくはQuadroを選択可能。

最小構成の主な仕様は、CPUがIntel Xeon Silver 4110(2.10GHz)、チップセットがIntel C621、メモリが32GB(8GB×4)、ストレージが1TB HDD、グラフィックスがQuadro P600(2GB)、光学ドライブがDVDスーパーマルチなど。OSはWindows 10 Pro for Workstations 64bitで、電源は80PLUS Platinumの1200W電源。

本体サイズはW305×D645×H636mm、重量は約16.1kg。

最小構成から、CPUをXeon Gold 6130に、メモリを64GBに、ストレージを512GB M.2 SSDに、グラフィックスをNVIDIA GeForce GTX1080 Ti(11GB)に変更した上位モデルは税別1,054,000円。

最小構成から、CPUをXeon Gold 6130に、メモリを128GBに、ストレージを1TB M.2 SSDに、グラフィックスをNVIDIA Quadro P6000(24GB)に変更した上位モデルは税別1,898,000円となる。

マウス、Core i5搭載ゲーミングPCが5,000円引きのキャンペーン

マウスコンピューターは、同社がスポンサーを務めるプロeスポーツチーム「DetonatioN Gaming」と「PENTAGRAM」が、4月14日に開催されたe-sports大会「LJL 2018 Spring Split Final」にて優勝を争った記念に、両チームのおすすめPCを特別価格で提供する「e-sports大会ファイナリスト記念キャンペーン」を実施する。キャンペーン期間は4月16日午前11時から4月27日午前11時まで。

キャンペーン対象となるモデルは、DetonatioN Gamingのメンバーが推薦する「NEXTGEAR-MICRO im570BA7-DNFM」と、PENTAGRAMメンバーが推薦する「NEXTGEAR-MICRO im570BA1-PG」。

NEXTGEAR-MICRO im570BA7-DNFMは、通常9万9,800円(税別)のところ、5,000円引きの9万4,800円(税別)となる。詳細スペックは、CPUがIntel Core i5-7400(4コア/3.00GHz)、チップセットがIntel H110、メモリがPC4-19200(8GB×1)、ストレージが240GB SSD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1050、OSは Windows 10 Home。

NEXTGEAR-MICRO im570BA1-PGは、特別価格の9万4,800円(税別)で購入できる。詳細スペックは、CPUがIntel Core i5-7400(4コア/3.00GHz)、チップセットがIntel H110、メモリがPC4-19200(8GB×1)、ストレージが240GB SSD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1050、OSは Windows 10 Home。

G-Tune、レインボーシックス シージ アドバンス付属のゲーミングPC

マウスコンピューターは4月16日、ゲーミングPCブランド「G-Tune」から、「レインボーシックス シージ アドバンスエディション PC版」を付属するゲーミングPC「NEXTGEAR-MICRO im570SA1-R6S」と「NEXTGEAR i670PA1-R6S」を発売した。BTO対応で価格はそれぞれ、税別112,800円からと税別204,800円から。

両機種とも、G-Tuneがスポンサードするプロゲーミングチーム「Team:GODSGARDEN」所属の「ふり~だ」選手が協力。レインボーシックス シージの大会公式解説者でもあるふり~だ選手の豊富なゲーム知識に基づき、プレイスタイル別にラインナップしている。

NEXTGEAR-MICRO im570SA1-R6Sは、価格を抑えつつ、60FPS以上のフレームレートで安定してプレイできるミドルクラスの仕様にまとめた、初めてこのゲームをプレイするユーザー向けのエントリーモデル。

一方、NEXTGEAR i670PA1-R6Sは、性能に妥協したくないベテランのプレイヤー向けで、画面設定を高品質に設定しても高フレームレートでプレイできるハイエンドモデルとなっている。

いずれも、購入から1年間、無償修理保証と24時間の無償電話サポートサービスが付く。

レインボーシックス シージは、世界中にコアなファンの多いFPSゲームのシリーズ最新作。シリーズの累計販売本数は2,700万本に達する。レインボーシックス シージ アドバンスエディションは、発売から3年目となるレインボーシックス シージをより楽しめるよう、通常版には含まれないイベント限定装飾アイテムが手に入る「10個のOutbreakコレクションパック」や、コンテンツ追加に利用できる「600 R6クレジット」が含まれる。

NEXTGEAR-MICRO im570SA1-R6Sの主な仕様(標準構成時)は、CPUがIntel Core i5-7400(3.00GHz)、チップセットがIntel H110、メモリがPC4-19200 16GB、ストレージが1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060 3GB。OSはWindows 10 Home 64bit。光学ドライブやカードリーダーはBTOでのオプションとなる。

インタフェースは、USB 3.0×3、USB 2.0×4、DVI-D×1、DisplayPort×3、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応有線LAN×1、マイクヘッドホンコンボジャック×1、ラインイン/ラインアウト/マイクイン×1など。電源ユニットは500W(80PLUS BRONZE)。本体サイズはW196×D430×H417mm、重量は約9.5kg。

NEXTGEAR i670PA1-R6Sの主な仕様(標準構成時)は、CPUがIntel Core i7-8700K(3.70GHz)、チップセットがIntel Z370、メモリがPC4-19200 16GB、ストレージが240GB SSDおよび2TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080 8GB。OSはWindows 10 Home 64bit。光学ドライブはBTOでのオプションだ。

インタフェースは、USB 3.1 Type-A(Gen2)×2、USB 3.0×6、USB 2.0×2、DVI-D×1、DisplayPort×3、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応有線LAN×1、マルチカードリーダー×1、ラインイン/ラインアウト/ヘッドホン、マイク入力(モノラル)、ラインイン/ラインアウト/リアスピーカー/センター・サブウーファー/サイドスピーカー×1など。電源ユニットは700W(80PLUS BRONZE)。本体サイズはW190×D533(フロントパネル着脱後470)×H450mm、重量は約10.1kgとなる。

(c)2015-2018 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Tom Clancy’s, Rainbow Six, The Soldier Icon, Ubisoft and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries.

iiyama PC、Core i7やGTX 1080採用のクリエイター向け17.3型ノート

ユニットコムは13日、「iiyama PC」ブランドのクリエイター向け「SENSE∞」より、Intel Core i7とNVIDIA GeForce GTX 1080、M.2 SSDを搭載した、17.3型ノートPC「SENSE-17FG101-i7-VNRX [Windows 10 Home]」を発売した。BTOに対応し、価格は税別319,980円~。

高い基本性能と広い画面サイズを備え、CGや動画、3Dモデリングなどのクリエイティブな用途がストレスのなくこなせるハイエンドPCとなっている。17.3型で非光沢画面のIPS液晶パネル(1,920×1,080ドット)は、NVIDIA G-SYNCに対応。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-8700(3.20GHz)、チップセットがIntel Z370、メモリがDDR4-2400 32GB(8GB×4)、ストレージがM.2 SSD 500GB(NVMe)、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080(8GB)、光学ドライブは非搭載。OSはWindows 10 Home 64bit。

ネットワークは、Gigabit Ethernet有線LAN×1、IEEE802.11 ac/a/b/g/n対応 2×2 Dual Band Wi-Fi、Bluetooth 4.2。インタフェースは、200万画素Webカメラ、USB 3.1/Thunderbolt 3兼用ポート×1(Type-C)、USB 3.1×1(Type-C)、USB 3.0×4、HDMI×1、DisplayPort×1、SD/SDHC/SDXCメモリーカードスロット×1など。バッテリー駆動時間は約2.7時間。本体サイズは約W418×D296×H41mm、重量は約4.28kgだ。

新型CPUにAdobe RGB比100%の4K-UHDディスプレイが魅力 – ハイパフォーマンス17.3型ノートPC「DAIV-NG7620シリーズ」

マウスコンピューターがクリエイター向けPCブランドとして販売している「DAIV(ダイブ)」シリーズ。デスクトップPCとノートPCの2タイプが販売されているが、今回紹介するのは、17.3型4K液晶ディスプレイを搭載したノートPC「DAIV-NG7620シリーズ」。同じく17.3型で4K液晶ディスプレイを搭載した「DAIV-NG7500シリーズ」もあるが、大きな違いはAdobe RGB比100%の色域が表示できること。また、外部グラフィックスも「NVIDIA GeForce GTX 1080(8GB)」にパワーアップされているので、多大な負荷のかかる画像・映像系アプリケーションも高解像度で快適に表示させることができる。ありとあらゆる高スペックパーツを詰め込んでおり、フラグシップモデルの名に恥じない満足のいく仕上がりになっている。

マウスコンピューターより同シリーズの「DAIV-NG7620E1-S5」を借用したので、こちらについてレビューしていこう。

  • マウスコンピューター「DAIV-NG7620シリーズ」299

    マウスコンピューター「DAIV-NG7620シリーズ」299,800円(税別)~

  • パッケージには本体、ACアダプタ、電源ケーブル、マニュアル類(製品仕様書、ファーストステップガイド、マウスコンピューターサポートマニュアル、保証書、色域出荷データシート)が同梱されている

    パッケージには本体、ACアダプタ、電源ケーブル、マニュアル類(製品仕様書、ファーストステップガイド、マウスコンピューターサポートマニュアル、保証書、色域出荷データシート)が同梱されている

借用したノートPC「DAIV-NG7620E1-S5」は、CPUが最新のIntel Core i5-8400でメモリが8GB、Serial ATA接続のM.2 SSD 512GBを搭載したモデル。「DAIV-NG7620シリーズ」は本モデルを含めて6製品がラインナップされており、目的に応じて必要な構成を選択することができる。ハイエンドのグラフィックスであるGeForce GTX 1080を搭載し、チップセットがIntel Z370なのは全モデルとも共通。ノートPCとはいえ、中身はデスクトップPCの上位機種と同等なので、非常に高い性能が特徴だ。シリーズ最上位のモデル「DAIV-NG7620U1-M2SS」では、Core i7-8700Kにメモリが64GB、1TBのNVMe対応 M.2 SSDが2基、1TBのSSDが2基の構成となっており、かなりのハイパフォーマンスが見込める。

BTOメニューは豊富なので、「DAIV-NG7620E1-S5」もユーザー好みに細かくカスタマイズすることができる。例えば、CPUはさらに処理能力が高いCore i7-8700やCore i7-8700Kに、メモリは16GB/32GB/64GBにアップグレードすることが可能だ。ストレージも3000MB/sの連続読み出し性能を持つNVMe接続に対応したSSDや、容量が大きいSerialATA III接続の2TB SSD、もしくは2TBのHDDを搭載することもできる。

「DAIV-NG7620シリーズ」のラインナップ
型番(価格:税別) CPU メモリ ストレージ
DAIV-NG7620E1-S5
(299,800円)
Core
i5-8400
8GB 512GB M.2 SSD
DAIV-NG7620E1-SH2-DGP
(309,800円)
16GB 240GB SSD、
1TB HDD
DAIV-NG7620S1-SH5
(329,800円)
Core
i7-8700
512GB M.2 SSD、
1TB HDD
DAIV-NG7620S2-SH5-DGP
(349,800円)
32GB 480GB SSD、
1TB HDD
DAIV-NG7620M1-M2S10
(399,800円)
Core
i7-8700K
1TB NVMe対応
M.2 SSD
DAIV-NG7620U1-M2SS
(569,800円)
64GB 1TB NVMe対応
M.2 SSD×2、
1TB SSD×2

iiyama PC「LEVEL∞」、Core i5とGTX 1060の静音ケースミニタワー

ユニットコムは11日、「iiyama PC」ブランドのゲーム向け「LEVEL∞」S-Classより、Intel Core i5-8400とNVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)を搭載した、静音ケース採用のミニタワー型ゲーミングPC「LEVEL-S337-LCi5-RNVI[Windows 10 Home]」を発売した。BTO対応で、価格は税別146,980円~。

本体は、サイドとフロントのパネルに吸音スポンジを装備することで、高い静音性を実現するミニタワーケース「Silencio 352」を採用。フロントの吸気フィルターは簡単に取り外せるため、クリーニングやメンテナンスをしやすい。ケーブルはPCケースの側面に邪魔にならないように配置できる裏配線仕様で、電源ユニットもPCケース内のエアフローを妨げない底面電源ユニット仕様だ。

主な仕様は、CPUがIntel Core i5-8400(2.80GHz)、チップセットがIntel Z370、メモリがDDR4-2666 16GB(8GB×2)、ストレージがM.2 SSD 250GB(NVMe)および1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)、光学ドライブがDVDスーパーマルチ。OSはWindows 10 Home 64bit(DSP版)。

ネットワークは、Gigabit Ethernet有線LAN×1、インタフェースは、USB 3.0×6(前面×2/背面×4)、USB 2.0×3(前面×1/背面×2)、S/PDIF出力×1、DVD-D×1、DisplayPort×1、SDメモリーカードスロット×1など。本体サイズは約W190×D449×H375mm、重量は約3.54kg。

iiyama PC、デスクトップ向けCPUとGTX 1070を載せた15.6型ノートPC

ユニットコムは10日、「iiyama PC」ブランドの「STYLE∞」にて、デスクトップ向けのIntel Core i3プロセッサとGeForce GTX 1070を採用した15型ノートPC「STYLE-15FR100-i3-TNS」を販売開始した。価格は税別76,980円から。

  • STYLE-15FR100-i3-TNS

4コア/4スレッドに対応したデスクトップ向けCPU、Core i3-8100と、NVIDIA GeForce GTX 1070を採用した15型ノートPC。マルチタスク処理に優れたCPUと、VRや4K解像度のコンテンツを楽しめるグラフィックスの搭載で、デスクトップクラスの性能を備えたという。ディスプレイは広視野角のIPS液晶。

主な仕様は、CPUがIntel Core i3-8100(3.60GHz)、チップセットがIntel Z370、メモリがDDR4-2400 8GB(8GB×1)、ストレージが500GB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1070(8GB)。OSはWindows 10 Home 64bit。

ネットワークは、Gigabit Ethernet有線LAN×1、IEEE802.11ac/a/b/g/n無線LAN、Bluetooth4.2。インタフェースは、USB 3.1 Type-C×2(1基はThunderbolt 3兼用)、USB 3.0×3、USB 2.0×1、HDMI×1、miniDisplayPort×2など。バッテリ駆動時間は約3時間。本体サイズは約W386×D267×H44mm、重量は約3.54kg。

これ一台あれば大丈夫! まさに”妥協しない”ノートPC 「m-Book N シリーズ」

マウスコンピューターは、新型15.6インチノートPC「m-Book N シリーズ」を販売。本製品は光学ドライブを搭載し、約10.1時間の連続動作時間を実現した15.6型ノートPC。最新の第8世代4コアCPUと外部グラフィックスとして「NVIDIA GeForce MX150」を採用し、さまざまな用途に活用できるスペックに仕上げられている。今回、実機を借用したので、詳細スペック、使い勝手、パフォーマンスなどについてレビューしていこう。

  • マウスコンピューター「m-Book N シリーズ」

    マウスコンピューター「m-Book N シリーズ」

  • パッケージには本体、バッテリー、ACアダプタ、電源ケーブル、マニュアル類(製品仕様書、ファーストステップガイド、マウスコンピューターサポートマニュアル、保証書)が同梱されている

    パッケージには本体、ACアダプタ、電源ケーブル、マニュアル類(製品仕様書、ファーストステップガイド、マウスコンピューターサポートマニュアル、保証書)が同梱されている

標準構成モデルは5製品、最上位でも164,800円と求めやすい価格

今回レビューする「m-Book N500SD-M2SH2」は、CPUに「Intel Core i7-8550U (1.80/4.00GHz)」、ディスプレイに15.6型フルHDノングレア (1,920×1,080ドット、LEDバックライト)を採用。また、8GBのメモリ(PC4-19200 DDR4 SODIMM)に、256GB SSD(Serial ATAIII M.2)と1TB HDD(Serial ATAII 5400rpm、Serial ATAIII接続)のストレージを標準で搭載している。

標準構成モデルとしては下記の5製品が用意されている。CPUはアップグレード、ダウングレードはできず、外部グラフィックスとして全モデルにNVIDIA製「GeForce MX150」が搭載されている。価格帯は109,800~164,800円(税別)とエントリーモデルとハイエンドモデルに比較的差が少ない。

m-Book N シリーズのラインナップ
型番(価格:税別) CPU メモリ ストレージ
m-Book N500BD
(109,800円)
Core
i7-8550U
8GB 500GB Serial ATAII HDD、DVDスーパーマルチドライブ
m-Book N500SD-M2S5
(119,800円)
512GB Serial ATAIII M.2 SSD、DVDスーパーマルチドライブ
m-Book N500SD-M2SH2
(119,800円)
256GB Serial ATAIII M.2、1TB Serial ATAII HDD、DVDスーパーマルチドライブ
m-Book N500S2D-M2SH2
(129,800円)
16GB
m-Book N500XB-M2S5
(164,800円)
32GB 512GB Serial ATAIII M.2 SSD、ブルーレイディスクドライブ

なお、どのモデルを購入する場合でも、メモリ(8GB/16GB/32GB)、SSD(128GB~1TB)、HDD(500GB/1TB/2TB)など豊富なカスタマイズ項目が用意されている(モデルによっては選べない項目あり)。本製品は光学ドライブが内蔵されている点が特徴で、ブルーレイディスクドライブは最上位モデルにのみ標準搭載されているが、ほかのモデルでもプラス7,800円(税別)でブルーレイディスクドライブにアップグレード可能だ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ