SSDは踊り場に? COMPUTEXで見かけたSSD新製品たち【COMPUTEX TAIPEI 2018】

以前なら各社がCOMPUTEXでSSDの新製品を多数展示していたものだが、2018年はイベント直前にいくつかリリースされてしまったこともあり、新製品の展示が少なかったように感じた。転送速度などのパフォーマンスも落ち着いた印象で、SSD自体が踊り場にさしかかっているのかもしれない。

Serial ATA 3.0は6Gbpsの帯域上限に達しているため、どこに製品の特徴を出すかにかかっている。ランダム性能を向上させるのは自然な流れで、一方で「見た目」も重要になってくる。光る2.5インチSSDは、電飾PCでSSDが存在感を出す有効な方法だろう。

また、PCI Express 3.0 x4接続も32Gbps(4GB/s)の帯域上限に近いところまで進化してしまった。転送速度ではSamsungがリードしているが、そのほかのメーカーのコントローラも3GB/s以上の速度を出せるようになってきた。やはりSerial ATA 3.0接続モデル同様に、シーケンシャル速度以外に特徴を出していくのが求められそうだ。

Intel Optane SSDはNANDから脱却した3D Xpointでランダム性能や書き換え耐性など特徴がある。ただし今回発表された新製品を含め、ハイエンド志向が強い。容量という道もあるだろう。今回展示されていたコントローラチップのレベルでは、3D QLC NANDをサポートし、4TBや8TBといったHDDに迫る大容量を実現するものが見られた。もちろん現在のNANDではまだHDDの容量コストに敵わないとしても、SSDがHDDを置き換えるその時は着実に迫ってきていると感じられた。

SSDの新しい動き

新規参入としてはGIGABYTEがSSDを展示していた。「UD PRO Series SSD」とのことで、AORUSブランドではなくGIGABYTEブランド。ブラックの外装にGIGABYTEロゴが記載されたものが展示されていた。2.5インチSerial ATA 3.0接続で、容量は256/512GB、3D TLC NANDを採用し、DDR3Lメモリをキャッシュとして搭載するといったことが明らかにされている。転送速度は公称値でリード最大530MB/s、ライト最大500MB/sと、現行の2.5インチSSDであれば標準的なもの。保証期間は3年間とされている。

  • GIGABYTEの「UD PRO Series SSD」。外観にはそこまでインパクトはない。ただし、将来的に継続し、より高性能なAORUSブランドSSDを投入する可能性があるのかどうか、期待が膨らむ

Intelの基調講演では、Intel Optane SSD 905PのM.2モデルが発表された。すでにHHHL型とU.2型が登場しており、M.2型は第3のフォームファクタとなる。ただし、既存のモデルでは480/960GBモデルがあるが、M.2型では380GBとなるようだ。M.2フォームファクタに搭載できるチップ枚数が関わっていると思われる。

また、M.2 22110規格サイズであることも注意点に挙げられる。現在のM.2 SSDの標準サイズは2280なので、それよりも大きい。マザーボードのなかには、M.2スロットが2280サイズまでの対応であるものも多いため、手元のマザーボードが22110サイズに対応しているのかどうかチェックが必要だ。

  • 価格に糸目をつけなければ、快適さでもっとも注目されるのがIntel Optane SSD 905P。一方でM.2フォームファクタやPCI Express 3.0 x4の限界も感じられる

光る2.5インチSSDが今年も

記憶の範囲では2.5インチSSDを最初に光らせたのはAVEXIRだっただろうか。今年も光る2.5インチSSDがいくつか見られたので紹介しよう。

今回見つけた光る2.5インチSerial ATA 3.0 SSDは、TeamとHyperX(Kingston)。Teamは「DELTA RGB SSD」。SSD外装の上面が発光し、同社ゲーミングブランドである「T-FORCE」ロゴが浮かび上がる。かなり広い面積が発光するので、インパクトは大きい。容量ラインナップは250/500GB/1TBで、公称転送速度は1TBモデルがリード最大560MB/s、ライト最大510MB/s、そのほかはリード/ライトともに500MB/s。3年間保証とされる。

HyperXは「Fury RGB SSD」。CES 2018でも展示されていたもので、HyperXロゴと上下のラインが発光部。まだ詳しいスペックは明らかにされていないが、FURYブランドなので、Predatorブランドのものよりは手頃な価格帯の製品になるものと見られる。

  • HyperXの「Fury RGB SSD」は、ワンポイント(にしては少し大きめだが……)が光るタイプ。よく見るとSerial ATA電源&信号コネクタの下にもう一つケーブルを接続している

なお、Serial ATA 3.0接続では、データ信号は伝送できてもRGB LED制御信号は伝送することができない。LED制御信号やそのための電力供給はmicro USBなどのコネクタを別途設けて、マザーボード上のLED用ピンヘッダと接続する方法をとる。どちらの製品も、Serial ATA信号/電源とは異なる位置に別に1本ケーブルが接続されていることが分かるはずだ。

コントローラのトレンド

このように、SSD製品を見渡すと、展示が盛り上がっていた印象は薄い。一方で、SSD Allianceとして、SSDコントローラチップを開発・製造するメーカーが共同ブースを出展していたので覗いてみた。

出展していたのはPhisonとMaxio。まずPhisonから見ると、「PS5012-E12」と「E12C」、「PS5008 E8」と「E8T」コントローラチップを展示していた。E12はPCI Express 3.0 x4接続NVMe対応のハイエンド向けモデル。3D TLC/QLC NANDをサポートし、DDR3L/DDR4キャッシュメモリに対応する。

  • PhisonのE12/E12C。PCI Express 3.0 x4、NVMeをサポートしE12はハイエンド、E12Cはメインストリームゾーンをカバーする。とくにE12は最大8TBまでサポートするとか

E12とE12Cの違いはチャンネル数とCE数にある。E12側がより上位であり、8チャンネル32CEで最大8TBまでサポート、E12Cは4チャンネル16CEで最大2TBまでサポートする。転送速度でも、E12がリード最大3.2GB/s、ライト最大3GB/sであるのに対し、E12Cはリード/ライト最大1.7GB/sにとどまる。フォームファクタはM.2 2280/22110、U.2、HHHL(AIC)をそろえる。

E8、E8Tはメインストリーム~エントリー向けとされ、PCI Express 3.0 x2となる。NVMeはサポートされ、NANDは3D TLCまで、E8はDDR3Lキャッシュに対応するが、E8Tはキャッシュレスで「HMB」と呼ぶユーティリティを導入することでメインメモリをキャッシュ代わりとすることができる。

  • PhisonのE8/E8T。PCI Express 3.0 x2とし、キャッシュ有無でも差別化を図る。CFXのようなPCI Express接続のメモリカードにも対応するようだ

  • E8とE8Tを搭載するM.2 2280 SSDのサンプル。確かにキャッシュの有無しか違わず、同じ基板で2つのラインナップを展開することができる。HMBを有効化すればキャッシュレスのE8TでもE8に近いところまでパフォーマンスが向上するとか

そのほかにPhisonでは「PS8229」と呼ぶSD/micro SDコントローラを展示していた。PS8229では3D QLCに対応し、最大1TBをうたう。また、「PS8131」はサーベイランス向けのSD/micro SDコントローラで、東芝BiCS3 TLC NANDとの組み合わせで長期間の書き換えを行なっても安定した転送速度を維持できるとアピールしていた。

デスクトップPCではあまりSD/micro SDカードが活躍するシーンはないが、モバイルノートPCではサブストレージとしてmicro SDを活用するほかないレイアウトが増えているので、こうしたSD/micro SD用コントローラも今後注目される。

  • PhisonのPS8131は監視カメラ向けチップで、長期間の書き換えでも性能低下が少ない。家庭の簡易監視カメラや乗用車のドライブレコーダーなどで使いたい

Maxioでは、「MAP0901」、「MAP0902」コントローラチップを展示していた。ともにPCI Express 3.0 x4接続、NVMe 1.3をサポートしており、MAP0901側がハイエンド、MAP0902側がメインストリーム~エントリーセグメントをカバーする。その違いはキャッシュにあり、MAP0901はDDR3/DDR3L/DDR4/DDR4Lと幅広くサポートするが、MAP0902はキャッシュレスとなる。また、ともに3D QLCを含む2D/3D NANDをサポートするが、MAP0901は最大4TB、MAP0902は最大2TBになる。

  • MaxioのMAP0901と同0902。こちらも目玉な3D QLCのサポート。とくにMAP0901は最大4TBまでサポートする。MAP0902はキャッシュレスなのでコスパのよいSSD製品が期待される

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ