Ryzenを設計したジム・ケラー氏がIntelに入社

ジム・ケラー氏

Intelは4月26日(米国時間)、ジム・ケラー氏が上級副社長に就任すると発表した。SoCの開発や統合を含む、シリコンエンジニアリングを主導するという。

ケラー氏は長年にわたり、マイクロプロセッサの設計・開発に従事。直近ではTeslaで自動運転と低電圧ハードウェア部門の副社長を務めていたが、その前にはAMDでチーフコアアーキテクトとして、Ryzenの核となるZenアーキテクチャを設計したほか、AppleでA4プロセッサやA5プロセッサの開発に携わるなど、輝かしい経歴を持つ。

ケラー氏はリリースの中で「コンピュータの行く末にとって、今後の10年間が非常に重要となる。Intelでデータセントリックコンピューティング時代のためのCPUやGPU、アクセラレータなどを開発できることに興奮している」とコメントしている。

Intelは、2017年11月にAMDでGPU部門を統括していたラジャ・コドゥリ氏が入社するなど、相次いで大物技術者を獲得している。

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ