Raspberry Pi財団CEOのEben Upton氏、これまでと今後を語る

3年ぶりの再来日

アールエスコンポーネンツ(以下、RSコンポーネンツ)は、Raspberry Pi財団の創設者/CEOであるEben Upton氏の来日に合わせ、記者会見を行った。

はじめにRSコンポーネンツの竹内氏が、日本での展開を含めたRaspberry Piへの関わりを話した。RSコンポーネンツは本来、電気電子部品など2,500以上のブランドを取り扱う企業だ。世界13カ所に配送センターを持つ。

会場に展示されたRaspberry Pi関連製品。なぜか単独Raspberry Pi本体なし

アールエスコンポーネンツ ヘッド オブ プロダクト&サプライヤーマネジメントジャパンの竹内貴氏

RSコンポーネンツはRaspberry Piの製造販売権を持ち、発売最初期から関わっている。ちなみに下の二行は日付が異なっていて、Raspberry Pi 3販売開始は2016年3月

RSコンポーネンツはRaspberry Piの初期から関わっており、日本では2012年から初代のRaspberry Piを販売、その後2015年にRaspberry Pi 2、2016年にRaspberry Pi 3を発売している。初代製品(Raspberry Pi Model:A/B)はすでに廃版となっているが、後継となるRaspberry Pi Model A+/B+以降の製品は現在も販売中だ。

最新製品はRaspberry Pi 3で、CPUとメモリが強化され、さらにWi-Fi/Bluetooth機能も含まれている。Raspberry Piは、2016年9月に累計1,000万台の出荷を達成し(RSコンポーネンツ扱い以外も含む)、当初の教育用途だけでなく、産業用途にも拡大している。

現行製品は初代のModel A/B以外。表にはないが、財団が直接手がけるRaspberry Pi ZEROを日本でも提供する可能性が示唆された

最新製品はRaspberry Pi 3。無線ネットワークを内蔵し、CPUも大きくパワーアップ

出荷数グラフ。2016年9月に累計1,000万台を突破した

Raspberry Pi、初日だけで10万台を売る

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ