Raspberry Piをオーディオ用途で使う特化型アルミケース

バリュートレードは10月2日、ネットワーク指向のオーディオ&ビジュアル機器ブランド「AVIOT」より、Raspberry Piなどシングルボードコンピュータ用アルミケース「CASE 01」を発売した。価格は14,880円(税別)。

CASE 01

オーディオグレードをうたうシングルボードコンピュータ用アルミケース。Raspberry PiとTinker Boardに対応し、「Raspberry Pi 2 Model B」、「Raspberry Pi 3 Model B」、ASUS製「Tinker Board」の3種類のボードが装着可能となっている。

使用イメージ

オーディオ用途に特化した設計で、プロデュースと機構設計はオーディオ評論 / ITコラムニストの海上忍氏が、インダストリアルデザインはMichael Tong氏が担当。シングルボードコンピュータと拡張ボードの間に厚さ約2mmの銅製シールドを配置し、全体の剛性を高めた。また、電磁ノイズのオーディオ処理に対する影響も抑制する。

外装は放熱効果の高いアルミニウム合金を使用。長時間オーディオ再生を行っても安定した動作を可能としている。底部シャーシはアルミニウムの削り出しで制作。最厚部が3mmと厚く、振動対策としての効果もある。絶縁対策を兼ねて全体にはアルマイト塗装も施されている。

交換パネルは、ブライトーン製DACボード「Terra-Berry DAC2」用「ESP-TB2」、newwesternelec製DACボード「SabreBerry 32」用「ESP-SB3」、HifiBerry製DDCボード「HiFiBerry DIGI+」用「ESP-HBD」を用意。すべて、ケースと同じ材質と表面加工を施している。価格は980円(税別)。

Raspberry Pi用のオーディオ規格「π-A1」を採用しており、ケース側面と前面の一部が交換可能。拡張ボードの交換により端子位置が変わっても対応できるようになっている。外部インタフェースはmicroUSB、HDMI、有線LANなど。本体サイズはW91×D66×H49mm、重量は170g。

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ