PCケースもアートの領域へ……IN WINが渦巻き型巨大アルミ外装ケース「Z-Tower」展示【COMPUTEX TAIPEI 2018】

2017年のCOMPUTEXで巨大な球形PCケース「WINBOT」を展示し、我々の度肝を抜いたIN WIN。そんな同社が2018年に発表するのが、らせん形状のアルミ外装を纏った「Z-Tower」である。

外装パーツの厚さは最厚部でなんと5cm。そのため重量は40kgにもなるという。驚きなのはこれが単なるコンセプトモデルではないということ。実際に発売を予定しているという。

製品名の「Z」は、文字の形が渦巻きのように見えることから決められたという。昨今、強化ガラス+RGB LEDが流行しており、各社から数多くの製品が投入されている。そんな現状に対し、同社は「基本に戻る。シンプルイズベスト」と考え、このアートのようなZ-Towerを開発したのだそうだ。

マザーボードはE-ATXに対応。ドライブベイは、2.5インチと3.5インチが2つずつ用意されており、トップ側に36cmサイズのラジエータを搭載することが可能だ。最長34cmのグラフィックスカードや、最高17cmのCPUクーラーに対応する。

製品は8月末の発売予定で、価格は4,000ドル程度になりそうとのこと。WINBOTと同様に、限定モデルとして考えられており、シリアルナンバーも刻印されるそうだ。

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ