NVIDIAがAIで目指す未来の姿 – GTC Japan 2017基調講演レポート

12月12日と13日の2日間にわたって、NVIDIAが技術者向けイベント「GTC Japan 2017」を開催した。GTC Japanは、日本最大のGPUテクノロジーイベントであり、多くの講演やワークショップ、展示などが行われた。ここでは、その中でも最も注目すべき講演である、ジェンスン・ファンCEOによる基調講演の様子をレポートする。

ジェンスン氏の基調講演は2日目に行われたが、一番広い会場もあっという間に満席になり、立ち見がでるほどの盛況となった。基調講演のタイトルは「新しいコンピューティングの時代」であり、その要旨は以下の通りだ。

仮想世界で物理法則に基づいたコラボを提供「NVIDIA Holodeck」

この5年間で、GPUの性能は10~50倍に向上し、世代はKeplerからVoltaへと3世代進化している。また、NVIDIAのGPUを活用する500以上ものアプリケーションやツールが登場している。

NVIDIAは、コンピューターグラフィックスの長年の夢であるバーチャルリアリティ(VR)を実現した。何かが創造される世界をフォトリアリスティックに、物理学の法則に従いながら、距離を超えてどこにいても多人数が同時に分かち合うことができる。これがNVIDIAの新技術「NVIDIA Holodeck」である。

基調講演の中で、3人の人間がHolodeckで、コミュニケーションを行うデモや車のボンネットの中からエンジンをとりだし、その部品をバラバラにして確認することなどのデモが行われた。

Holodeckはまだ開発途中であるが、アーリーアクセスでの提供が開始されている。Holodeckは、CATIAやCreoなどの3D CADで3DモデルをMayaや3dsMAXでレンダリングしたものを、そのまま利用できるようになっているため、さまざまなアプリケーションが考えられる。SFのような世界がもうすぐ実現されるのだ。

1PFを実現したAIスーパーコンピューター「DGX」「DGX Station」

また、NVIDIAは2017年に125TFLOPSの演算性能を持つVoltaを発表。初の1PF AIスーパーコンピューター「DGX」と「DGX Station」も投入し、多くのクラウドやサーバーベンダーに採用された。

さらに9月に発表した「TensorRT 3」は、プログラマブルな推論アクセラレータで、ディープラーニングの推論を数十倍高速化する。DGXとTensorRTにより、データセンターのTCOは10倍改善されるという。

ラック4本を占有する160個のCPUを搭載したサーバーの処理能力と同じ処理能力を、Tesla V100 GPUを8基搭載したNVIDIA HGX1台で実現可能であり、コストは6分の1、消費電力は20分の1になるほか、4本のラックが1つのボックスで済むので設置スペースも大幅に削減できるとアピールする。

2017年は、125TFLOPSの演算性能を持つVoltaが登場。また、初の1PF AIスーパーコンピューター「DGX」と「DGX Station」も、多くのクラウドやサーバーベンダーに採用された

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ