M.2 SSDモデルも用意したKaby Lake搭載の15.6型ノートPC – iiyama PC

ユニットコムは21日、iiyama PCブランドの「STYLE∞」にて、Kaby Lake搭載の15.6型ノートPC4機種を発表した。HDD搭載モデル、SSD搭載モデルに加え、それぞれにM.2 SSDを追加した2モデルを用意する。同日販売開始し、標準構成価格は税別67,980円から。BTOカスタマイズにも対応する。

Stl-15HP042-i5-HMS

"Kaby Lake"こと第7世代Intel Coreプロセッサを採用したノートPC。第7世代Intel Coreプロセッサは、前世代と比べ省電力性能とパフォーマンスが向上しており、内蔵グラフィックスはメディアエンジンを一新。4K対応などの機能強化がなされている。

500GB HDDを搭載した「Stl-15HP042-i5-HMS」と、240GB SSDを搭載した「Stl-15HP042-i5-HMS」は、ストレージ以外の主な仕様は共通。

共通の標準構成は、CPUがIntel Core i5-7200U(2.50GHz)、メモリがDDR3L-1600 8GB(4GB×2)、グラフィックスがIntel HD Graphics 620(CPU内蔵)、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、ディスプレイが15.6型液晶(1,366×768ドット)など。この構成で、HDDモデルは税別67,980円、SSDモデルが税別72,980円。

このほか、上記構成に、M.2仕様の240GB SSD(SATA接続)と1TB HDDを搭載した「Stl-15HP042-i5-HMV」を税別79,980円から、M.2仕様の240GB SSD(SATA接続)と480GB SSDを搭載した「Stl-15HP042-i5-HMP」を税別87,980円から用意する。

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

パソコン工房

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ