iiyama PC「SENSE∞」、Quadro P4000搭載など3Dペイント向けPC

ユニットコムは3月9日、「iiyama PC」ブランドの「SENSE∞」より、3Dペイントツール向けのデスクトップPC(2モデル)とノートPC(1モデル)を発売した。いずれもBTOによるカスタマイズに対応する。

SENSE-R037-i7-VNS-CMG

「SENSE-R037-i7-VNS-CMG」は、3Dペイントツールが快適に動作するよう調整されたデスクトップPC。標準構成価格は226,778円(税込)。

クリーチャーデザイナーの森田悠揮氏が監修しており、モデリングした3Dデータへリアルタイムにペイントを行う「Substance Painter」や、「MARI」などが快適に動作するスペック構成とした。グラフィックスにはNVIDIA GeForce GTX 1080を搭載。3Dペイントの高負荷を想定しており、32GBのメモリと480GB SSDを標準で搭載する。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-8700(3.20GHz)、チップセットがIntel Z370、メモリがDDR4-2666 32GB(16GB×2)、ストレージが480GB SSD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080(8GB)。OSはWindows 10 Home 64bit。

インタフェースは、Gigabit Ethernet有線LAN×1、USB 3.1×2、USB 3.0×6、DVI-D×1、D-sub×1、DisplayPort×1など。本体サイズは約W190×D485×H424mm。

SENSE-R029-i7SX-QVS-CMG

「SENSE-R029-i7SX-QVS-CMG」は、CPUがIntel Core i7-7800X(3.50GHz)のモデル。標準構成価格は329,378円(税込)。グラフィックスがNVIDIA Quadro P4000(8GB)に変更されている。その他の仕様は「SENSE-R037-i7-VNS-CMG」とほぼ共通。

SENSE-15FQP40-i7-QVRS-CMG

「SENSE-15FQP40-i7-QVRS-CMG」は、持ち運び可能な15.6型ノートモデル。標準構成価格は299,138円(税込)。15.6型のディスプレイはIPS方式の非光沢(ノングレア)タイプで、解像度は1,920×1,080ドット(フルHD)。グラフィックスにはNVIDIA Quadro P4000を搭載する。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7700HQ(2.80GHz)、チップセットがIntel HM175、メモリがDDR4-2400 32GB(16GB×2)、ストレージが480GB SSD、グラフィックスがNVIDIA Quadro P4000(8GB)。OSはWindows 10 Home 64bit。

ネットワークは、Gigabit Ethernet有線LAN×1、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.2。インタフェースは、USB 3.1 Type-C×2、USB 3.0×3、HDMI×1、DisplayPort×2など。バッテリ駆動時間は約5.9時間。本体サイズは約W380×D255×H22mm、重量は約2.2kg。

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

パソコン工房

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ