iiyama PC、3DCAD/3ds Max対応デザインビジュアライゼーション向けPC

ユニットコムは6月14日、「iiyama PC」ブランドの「SENSE∞」より、3DCADや3ds Maxといったアプリケーション環境に向けたデザインビジュアライゼーションPC、「CGWORLD×ELSA×SENSE∞」コラボレーションモデルを発売した。全4モデルを用意する。

SENSE-R03A-LCi7K-RNS-CMG

「SENSE-R03A-LCi7K-RNS-CMG」は、3DCAD/3ds Max対応のデザインビジュアライゼーション向けデスクトップPC。初心者や学生の入門PCとなるスタンダードモデルで、価格は188,978円(税込)。

3DCGフォトグラファーの長尾健作氏が監修したモデルで、3DCADデータの取り込み、編集、レンダリングまでのワークフローにて使用される「3ds Max」「HDR Light Studio」「Rhinoceros」などの編集ツールや、「V-ray」などのレンダリングツールが快適に動作するスペックを備えている。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-8700K(3.7GHz)、チップセットがIntel Z370、メモリがDDR4-2666 16GB(8GB×2)、ストレージが480GB SSD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)。OSはWindows 10 Home 64bit。

インタフェースはGigabit Ethernet有線LAN×1、USB 3.1 Type-C×1、USB 3.1 Type-A×1、USB 3.0×4、USB 2.0×2、HDMI×1、DVI-D×1、DisplayPort×1など。本体サイズは約W190×D485×H424mm。

SENSE-R03A-LCi7K-RNS-CMG

「SENSE-R03A-LCi7K-RNS-CMG」は、ハイスペックなアドバンスドモデル。価格は485,978円(税込)。

主な仕様は、CPUがIntel Core i9-7960X(2.8GHz)、チップセットがIntel X299、メモリがDDR4-2666 32GB(8GB×4)、ストレージが480GB NVMe SSD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)。

インタフェースはGigabit Ethernet有線LAN×1、USB 3.1 Type-C×1、USB 3.1 Type-A×1、USB 3.0×6、USB 2.0×2など。本体サイズは約W213×D510×H488mm。

SENSE-RLXN-XeG6-QVKI-CMG

「SENSE-RLXN-XeG6-QVKI-CMG」は、400万ポリゴン以上のCADデータを扱えるプロモデル。価格は1,537,898円(税込)。

主な仕様は、CPUがIntel Xeon Gold 6146(3.2GHz)×2基、チップセットがIntel C261、メモリがDDR4-2666 Registered ECC 96GB(8GB×12)、ストレージが480GB NVMe SSD、グラフィックスがNVIDIA Quadro P4000(8GB)。OSはWindows 10 Pro 64bit。

インタフェースはGigabit Ethernet有線LAN×2、USB 3.1 Type-C×1、USB 3.1 Type-A×1、USB 3.0×6、D-sub×1など。本体サイズは約W198×D588×H454mm。

SENSE-15FQP40-i7-QVRS-CMG

「SENSE-15FQP40-i7-QVRS-CMG 」は、外出先でデモや修正作業を行うなど持ち運びを重視する人向けの15.6型ノートモデル。価格は320,738円(税込)。画面解像度は1,920×1,080ドットの非光沢(ノングレア)。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7700HQ(2.8GHz)×2基、チップセットがIntel HM175、メモリがDDR4-2400 32GB(16GB×2)、ストレージが480GB SSD、グラフィックスがNVIDIA Quadro P4000(8GB)。OSはWindows 10 Home 64bit。

ネットワークは、Gigabit Ethernet有線LAN×1、IEEE802.11ac/a/b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.2。インタフェースはUSB 3.1 Type-C×1、USB 3.0×3、HDMI×1、miniDisplayPort 1.3×2など。バッテリ駆動時間は約5.9時間。本体サイズは約W380×D255×H22mm、重量は約2.2kg。

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

パソコン工房

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ