GIGABYTE、X399搭載マザー”X399 AORUS Gaming 7″を10日発売 – 税別52,800円

台湾GIGABYTEは8月2日、AMDのハイエンドデスクトップ向けCPU「Ryzen Threadripper」に対応したX399チップセット搭載のマザーボード「X399 AORUS Gaming 7」を、日本市場向けに販売すると発表した。8月10日の発売を予定し、8月4日から店頭での先行予約受付を開始する。店頭予想価格は税別52,800円。

「Ryzen ThreadRipper」は、メインストリーム向けCPU「Ryzen」シリーズの上位に当たるモデルで、最大で16コア/32スレッドを実装する。16コア/32のスレッドの最上位モデルRyzen Threadripper 1950X、12コア/24スレッドのRyzen Threadripper 1920Xが8月10日に発売される。価格はRyzen Threadripper 1950Xが税別145,800円、Ryzen Threadripper 1920Xが税別115,800円。

「X399 AORUS Gaming 7」は、最新世代のPWMコントローラやPowIRstageコントローラ、チョークコイルといったサーバクラスの電源回路を採用。また、金メッキ仕様の電源コネクタ、サージプロテクションなどを搭載する。

メモリスロット、PCI Express x16スロット、チップセットのヒートシンク、バックパネルのカバー、オーディオ回路付近にLEDを内蔵し、イルミネーション機能「RGB FUSION」に対応する。さらにデジタルLEDテープ用のピンヘッダも搭載し、個別に色やイルミネーションのパターンをコントロールできる。

Ryzen ThreadRipperとX399環境では、PCI Expressを64レーンサポートするが、「X399 AORUS Gaming 7」では。48レーンをマルチGPU構成向けに確保する。このほか、ストレージインタフェースとして、PCI Express 3.0 x4接続に対応したM.2スロットを3基搭載する。

ソケットSocket TR4
チップセットAMD X399
メモリDDR4 2667MHz×8(最大128GB)
拡張スロットPCI Express 3.0 x16×4(うち2基はx8動作)、PCI Express 2.0 x16×1(x4動作)
マルチGPUAMD Quad CrossFireX、NVIDIA Quad SLI
ストレージSATA 6Gb/s×8、M.2(PCIe 3.0x4接続対応)×3
対応RAID0/1/5/10
ネットワークGigabitEthernet×1(Killer E2500)
IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN + Bluetooth 4.2
サウンドHigh Definition Audio(Realtek ALC1220)
フォームファクタATX
そのほかUSB 3.1 Gen2×2(Type-A×1、Type-C×1、ピンヘッダ×1)、USB 3.1 Gen1×10(うち2基はピンヘッダ)、USB 2.0×4(ピンヘッダ)、オーディオジャック×1など
店頭予想価格税別52,800円

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ