GeForce GTX 1080 Tiを試す – 「GTX 1080比で35%高速」のパフォーマンスを検証する

NVIDIA GeForce GTX 10シリーズに久しぶりの新製品が登場した。GeForce GTX 1080 Tiは、10シリーズの最上位となるGPUだ。TITAN Xを一部上回り、GeForce GTX 1080より35%増しをうたうモンスターGPUは、どのようなパフォーマンスを見せてくれるのだろうか。

GeForce GTX 1080 Tiのスペックを確認しておこう。まず、GPUコアはTAITAN Xでも用いられているGP102であり、そこから一部を無効化した構成だ。価格度外視のTITAN Xと異なり、量産性も求められるための割り切りと言えるが、違いはそれほど大きくない。一方、これまでの最上位GPU「GeForce GTX 1080」とはコア(GP104コア)も異なり、スペックが大幅に引き上げられている。

製品名GeForce TITAN XGeForce GTX 1080 TiGeForce GTX 1080
GPUコアGP102GP102GP104
トランジスタ数120億120億72億
CUDAコア数3,584基3,584基2,560基
GPC664
SM282820
テクスチャユニット224224160
ROPユニット968864
ベースクロック(MHz)1417MHz1480MHz1607MHz
ブーストクロック(MHz)1531MHz1582MHz1722MHz
メモリタイプGDDR5XGDDR5XGDDR5X
メモリスピード10Gbps11Gbps10Gbps
メモリ容量12GB11GB8GB
メモリ接続バス(bit)384bit352bit256bit
メモリ帯域幅(GB/s)480GB/s484GB/s320GB/s
最大消費電力(TDP:W)250W250W180W
補助電源コネクタ8ピン+6ピン8ピン+6ピン8ピン

GeForce GTX 1080と1080 Tiの比較でポイントとなるのは基本的なスペックだ。GPUクロックは若干低いものの、GeForce GTX 1080 Ti(つまりGP102)では、GPCやSM、それに伴うCUDAコア数の増加、テクスチャユニット、ROPユニットの増加、さらにはメモリバス幅の拡大など、大きく強化されている。また、OC性能もアピールされているので、カードメーカーのオリジナルクーラー搭載モデルではさらに高クロックのものと考えられる。

スペック強化のため、TDPはエンスージアストセグメントの250Wになる。GeForce GTX 1080はTDPが180Wで、補助電源コネクタも8ピン1つで済んだが、GeForce GTX 1080 Tiは8+6ピン構成となる。搭載する電源は、1クラス大出力のものを選んだほうがよい。

なお、メモリ容量も拡大しており、11GBになった。TITAN Xの12GBからは1GB少ないが、これだけの量を搭載していれば、いくら4K解像度狙いのハイエンドGPUでもしばらく大丈夫だろう。

メモリ使用量の目安が表示されるタイトルで調べたところ、いくつかのものでは8GBを超える数値を示すものもあった。4K解像度で画質を最大とするような設定、さらにNVIDIA PCSSやTXAAのようにメモリの節約につながる技術をオフにした設定なので、あまり現実的ではないが、こうした環境が選べるようになった現状、最上位GPUであればそれをカバーできることが望ましい。

GPU-Zから見たGeForce GTX 1080 Ti

11GBというのは切りの悪い数だが、そもそもメモリバス幅が352bitと変則的なのでこれに合わせた格好となる。384bitのTITAN Xから32bit削減された格好だ。メモリチップの数もこれに合わせて1チップ少ないことになる。そのほか、電源回路が7フェーズ、FOUNDERS EDITIONではヴェイパーチャンバーを採用したGPUクーラーが組み合わされ、設計上のOCの目安として2GHzという値が示されている。

GeForce GTX 1080 Ti FOUNDERS EDITIONをチェック

評価機として届いたのは従来リファレンスと呼ばれていた「FOUNDERS EDITION」(FE)である。まずはこれが各社から登場し、後々、オリジナルクーラー搭載モデルが登場するものと見られる。ざっと見た印象としては、GeForce GTX 1080のFEモデルから、補助電源レイアウトが変わったほか、GPU型番ロゴが変わったというが違うが、それ以外は変わらない。ちなみに、ロゴ部分の「Ti」はちょっと小さい。FEのデザイン上、同サイズのフォントでは収まりきらなかったようだ。

GeForce GTX 1080 Ti FOUNDERS EDITION

「Ti」がちょっと窮屈

ディスプレイ出力端子は、DisplayPort×3、HDMI×1。DVIが省略されているのはTITAN Xに準じた仕様であり、もはやエンスージアストにDVIは不要という考えのもとだろう。どうしてもDVIを利用する場合はDisplayPort→DVI変換アダプタを用いることになる。DVI端子がない分、後方排気用のスリットスペースも拡大している。

DisplayPort×3、HDMI×1で、DVIのないブラケット

カード長は、リファレンス仕様なので266mm。それなりに大型だが、おそらくオリジナルクーラー搭載カードでは、これよりも長い基板のものも多く登場するだろう。オリジナル基板モデルに比べれば、搭載難易度は低い。

FOUNDERS EDITIONの表・裏

GeForce GTX 1080のオリジナルクーラーモデルであるMSI「GEFORCE GTX 1080 ARMOR 8G OC」よりも基板が短かった

SLI端子は2つ。ここは変わらない

補助電源端子は8+6ピン

ではベンチマークで性能を見る前に機材の紹介を。今回はGeForce GTX 1080と比較を行なう。NVIDIAの発表ではTITAN Xを上回るとうたわれているが、これが確かめられないのは残念だが、TITAN Xはかなり高価な製品であり、GeForce GTX 1080の方がユーザーも多いのでちょうどよいだろう。検証に用いた主な機材は下の表を参照して欲しい。

CPU Intel Core i7-7700K
M/B MSI Z270 KRAIT GAMING(Intel Z270)
メモリ Crucial Ballistix Sport 32GB Kit BLS4K8G4D240FSA 8GB×2
グラフィックスカードGeForce GTX 1080 Ti FOUNDERS EDITIONMSI GEFORCE GTX 1080 ARMOR 8G OC
ストレージ Crucial MX300(Serial ATA 3.0、3D TLC、750GB)
電源Seasonic SS-1000XP(80PLUS Platinum、1000W)
OSWindows 10 Pro 64bit
1080比で30%前後の向上は確実。高画質設定でも4Kゲームが楽しめる

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ