Crucial MX500は性能と信頼性が向上 – 製品担当者が高コスパをアピール

マイクロンジャパンは1月22日、SSDとDDR4メモリの新製品に関する説明会を開催した。メインストリーム向けのSSD「Crucial MX500」は、すでに2.5インチモデルが日本でも発売されているが、M.2版は第1四半期での投入を予定する。また、ゲーマー向けのDDR4メモリ「Ballistix DDR4 Tactical Tracer」は2月の発売を予定している。

Crucial MX500 - 第2世代の64層3D NANDを採用したコスパ重視SSD

CrucialブランドのSSDに関してはマーケティング担当マネージャのジョナサン・ウィーチ氏が紹介。Crucial MX500は、Micronの第2世代となる64層3D NANDメモリを使用し、前世代のMX300と比較して、優れたコストパフォーマンスと信頼性を実現しているという。

メモリチップの一部をSLC的に利用することで書き込み速度を向上させており、メモリの損傷に対する冗長性も確保している。また、性能だけでなく信頼性も高く、MX300が3年保証に対してMX500では5年間に拡大したという。

パッケージ内に入っているガイドから日本語対応、スマホ対応のwebへ誘導。ガイド写真や動画を見ながらセットアップできるように工夫されている。

MX500のモデルと価格
容量想定価格(税込)
250GB11,000円前後
500GB18,000円前後
1TB34,000円前後
2TB66,000円前後

Ballistix DDR4 Tactical Tracer - LEDで光るきらびやかなメモリ

メモリに関してはDRAM担当プロダクトマーケティング ディレクターのジム・ジャーディン氏が説明した。Ballistixは「尖ったユーザー」をターゲットとするブランドで、「Ballistix DDR4 Tactical Tracer」はメモリモジュール上部にLEDしたモデルだ。2017年6月に発表済みの製品だが、その後もブラッシュアップを図っており、2018年2月の発売を予定する。

LEDは8ブロック(に2つづつ)付いており、各ブロックがフルカラーで制御できる。また、光を分散させるライトパイプが付いているので、パイプが付いたままでは拡散された光を、パイプを外すことでダイレクトな光を楽しめる。

ライトパイプのは3Dモデルが公開され、ユーザーオリジナルのライトパイプを3Dプリンタで製作することもできる。互換性に関してはIntelの100/200/300とAMDチップセットと幅広く対応する。

Ballistix M.O.DユーティリティーでLEDをコントロールできるほか、次バージョンではAPIを公開することでゲームメーカーなどの開発者が、ゲームごとにイルミネーションを調整するといったことも想定しているという。

8/16GBモジュールでDDR4-2666とDDR-3000、これを1/2/4本構成の計12製品をラインナップする。

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ