CORSAIR、前面/側面に強化ガラスを採用したATXミドルタワーケース

アスクとリンクスインターナショナルは11日、ATX対応のミドルタワーPCケース「CORSAIR Crystal Series 460X」と、「CORSAIR Crystal Series 460X RGB」を発表した。11月19日から順次発売する。

CORSAIR Crystal Series 460X

「CORSAIR Crystal Series 460X」は、前面と側面(片側)に強化ガラスを採用するATX対応ミドルタワーケース。11月19日から発売し、店頭予想価格は18,500円(税別)。

CORSAIR Crystal Series 460X

電源ユニットを下段にセパレートした熱源分離構造を採用し、エアフローの障害を排除。ダイレクトにグラフィックスカードやCPUを冷却できる。搭載ベイ数は、内部3.5インチ/2.5インチベイ×2基、内部2.5インチベイ×3基。内部3.5インチベイはツールレスでのドライブ交換に対応し、ドライブケージの取り外しに対応。内部2.5インチベイはマウンタごと取り外せる。

標準搭載ファン数は、前面に140mm×1基(LEDファン)、背面に120mm×1基。オプションで前面に120mm×3基、もしくは140mm×2基、上面に120mm×2基、もしくは140mm×2基、底面に120mm×1基を搭載可能。上面、前面、底面にはダストフィルタを備える。上面と前面のパネルはマグネットで着脱可能だ。最大360mmサイズの大型ラジエータも内蔵できる。

そのほか主な仕様は、拡張スロット数が7基、拡張カードスペースが最大370mmまで、搭載できるCPUクーラーの高さは最大170mmまで、搭載できる電源の奥行きは200mmまで。外部インタフェース類はUSB 3.0×2基、オーディオ入出力など。本体サイズはW220×D446×H464mm、重量は約7.6kg。対応フォームファクタはATX / マイクロATX / Mini-ITX。

CORSAIR Crystal Series 460X RGB

「CORSAIR Crystal Series 460X RGB」は、3基のRGBファンを前面に搭載するモデル。12月に発売し、店頭予想価格は23,780円(税別)。

標準搭載ファン数は前面に120mm×3基(SP120 RGBファン)、背面に120mm×1基で、上面にLEDファン用のカラースイッチ / スピードスイッチ / モードスイッチを搭載。発光色や回転数、点灯 / 点滅などを制御できる。そのほかの仕様は、「CORSAIR Crystal Series 460X」とほぼ共通。

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ