BitFenix、ASUSのイルミネーション機能に対応したE-ATX対応PCケース

CFD販売はこのほど、BitFenix製PCケースの新モデルとして、ASUSのイルミネーション機能「ASUS AURA Sync」に対応した「BFC-ENS-150-KKWGK-RP」と「BFC-ENS-150-WWWGK-RP」を発表した。2月初旬の販売を予定し、店頭予想価格は税別12,480円。

  • BFC-ENS-150-KKWGK-RP

    BFC-ENS-150-KKWGK-RP

  • BFC-ENS-150-WWWGK-RP

    BFC-ENS-150-WWWGK-RP

前面にRGB LEDを配置するPCケース。ASUSのイルミネーション機能「ASUS AURA Sync」をサポートし、3ピンヘッダを搭載するASUS製マザーボードと組み合わせて、マザーボード側のユーティリティから各部LEDの発色を一括でコントロールできる。さらにマザーボードのLEDヘッダ経由だけでなく、ケース内に内蔵した独自のコントローラからイルミネーションのパターンを設定可能だ。

サイドパネルは4mm厚の強化ガラスを採用を採用するほか、23mm幅の裏配線スペースによって、PC内部のLEDイルミネーションやPCパーツのライティングを魅せるデザインとなっている。

フロント部分に吸気用のスリットを設け、リアおよびトップのファンで排気する設計で、トップとリアに120mmファンを標準搭載する。最大搭載ファンは、フロントに120mm/140mmファンを2基、トップに120mmファン×2基、リアに120mmファン×1。フロントパネル部に2基、ボトム部に1基のダストフィルタを備える。なお、フロントに最大280mm、リアに120mmのラジエータも装着できる。

ドライブベイは3.5/2.5インチベイ×2、2.5インチベイ×3。このほかの仕様は、拡張スロット数が7基、拡張カードスペースが最大340mmまで、搭載できるCPUクーラーの高さが最大160mmまで、搭載できる電源の奥行きは最大160mmまで。

  • インタフェース
  • インタフェース

外部インタフェースはUSB 3.0×2基、オーディオポート×1基。本体サイズはW210×D489×H454mm、重量は7kg。対応フォームファクターはE-ATX(幅最大272mm) / ATX / マイクロATX / Mini-ITX。

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ