ASUS、X399搭載のRyzen Threadripper対応ハイエンドマザーボード

ASUS JAPANは9日、ROGブランドのハイエンドマザーボードとして、AMDの最新CPU「Ryzen Threadripper」対応のAMD X399チップセットを搭載する「ROG ZENITH EXTREME」を発表した。8月10日より発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は税込74,000円前後。

ROG ZENITH EXTREME

AMD X399チップセットを搭載するROGブランドのハイエンドゲーミングマザーボード。メモリスロットと同形状の独自スロットを搭載し、独自のM.2拡張カード「DIMM.2」を装着可能。「DIMM.2」拡張カードは、表側 / 裏側にそれぞれM.2スロットを1基つずつ搭載しており、合計2基のM.2ストレージを増設できる。加えてカード上に冷却ファンを設置し、M.2ストレージのサーマルスロットリングを防止する。

ファンコントロール機能には「Fan Xpert 4」を搭載。CPUファン / ケースファン / 液冷ポンプの回転速度を、温度に応じて細かく制御できる。マザーボードの変形を防止する大小2つの独立バックプレートが装着されており、小型バックプレートは電源回路周辺の放熱を補助し、大型バックプレートは保護と放熱だけでなく背面を装飾する効果もあるという。

イルミネーション機能「Aura」にも対応しており、LEDによるライトアップも可能。チップセット上の「ROG」ロゴと、バックパネルカバーの「ZENITH EXTREME」ロゴの下のラインなどを発光させ、付属ソフトから光の色も自由に変更できる。10Gbps(理論値)の転送速度に対応する「ROG AREION 10G カード」も同梱されている。

■主な仕様
ソケットSocket TR4
チップセットAMD X399
メモリDDR4-3600×8
拡張スロットPCI Express 3.0x16×4、PCI Express 2.0x4×1、PCI Express 2.0x1×1
ストレージM.2×3、U.2×1、SATA 6Gbps×6
ネットワーク1000BASE-T×1(Intel I211-AT)、IEEE802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.1
サウンドROG SupremeFX 8ch HD
フォームファクタE-ATX
そのほかUSB 3.1 Type-C×1、USB 3.1 Type-A×17(8基がピンヘッダ)、USB 2.0×2(ピンヘッダ)など
発売日8月10日
店頭予想価格74,000円前後(税込)

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ