ASRock、”Taichi”などRyzen Threadripper対応のX399マザーボード2モデル

マスタードシードはこのほど、AMDのハイエンドデスクトップ向けCPU「Ryzen Threadripper」に対応した、X399チップセット搭載のASRock製マザーボード「Fatal1ty X399 Professional Gaming」と「X399 Taichi」の取り扱いを開始した。8月10日22時の発売を予定し、8月4日から予約の受付を開始する。店頭予想価格は「Fatal1ty X399 Professional Gaming」が税別61,800円前後、「X399 Taichi」が税別48,800円前後。

Fatal1ty X399 Professional Gaming

Fatal1ty X399 Professional Gaming

ハイエンド向けのゲーミングマザーボード。電源回路は11フェーズ設計で、IRデジタルPWMとDr.MOSによって安定した電源供給を実現するという。 PCIe 3.0 x16スロットを4基備え(x16/x8/x16/x8)、4-Way CrossFireXと4-Way SLIをサポートするほか、PCIe Gen3 x4接続に対応した3基のM.2スロットを搭載する。

通信機能としてギガビット対応有線LAN、IEEE802.11ac対応無線LANに加えて、10Gbit有線LAN(AQUANTIA製コントローラ)が利用できる。このほか、サウンド機能としてCreative SoundBlaster Cinema 3に対応する。

ソケットSocket TR4
チップセットAMD X399
メモリDDR4 3600+(OC)MHz×4(最大64GB)
拡張スロットPCI Express 3.0 x16×4、PCI Express 3.0 x1×1
マルチGPU4-Way CrossFireX、4-Way SLI
ストレージSATA 6Gb/s×8、M.2(PCIe 3.0x4接続対応)×3、U.2×1(M.2と排他)
対応RAID0/1/5/10
ネットワーク10Gbit有線LAN×1(AQUANTIA)
ギガビット対応有線LAN×2(Intel)
IEEE802.11a/b/g/n/ac対応有線LAN(Intel)
サウンドHigh Definition Audio(Realtek ALC1220)
フォームファクタATX
そのほかUSB 3.1×2(Type-A×1、Type-C×1)、USB 3.0×12、USB 2.0×4、オーディオジャック×1など
店頭予想価格税別61,800円前後

X399 Taichi

Fatal1ty X399 Professional Gaming

汎用性の高いメインストリーム向けマザーボード。基本的な機能は「Fatal1ty X399 Professional Gaming」と共通だが、10Gbit有線LANやCreative SoundBlaster Cinema 3を非搭載とすることで価格を抑えている。

ソケットSocket TR4
チップセットAMD X399
メモリDDR4 3600+(OC)MHz×4(最大64GB)
拡張スロットPCI Express 3.0 x16×4、PCI Express 3.0 x1×1
マルチGPU4-Way CrossFireX、4-Way SLI
ストレージSATA 6Gb/s×8、M.2(PCIe 3.0x4接続対応)×3、U.2×1(M.2と排他)
対応RAID0/1/5/10
ネットワークギガビット対応有線LAN×2(Intel)
IEEE802.11a/b/g/n/ac対応有線LAN(Intel)
サウンドHigh Definition Audio(Realtek ALC1220)
フォームファクタATX
そのほかUSB 3.1×2(Type-A×1、Type-C×1)、USB 3.0×12、USB 2.0×4、オーディオジャック×1など
店頭予想価格税別48,800円前後

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ