AKIBA STARTUP、スピーカーのような音が出るイヤホンの試聴イベント

パソコン工房 AKIBA STARTUPは、&COLORが開発したイヤホン「INAIR(インエアー)」の試聴会イベントを開催する。実施期間は2018年5月26日17時から19時30分までと、5月27日14時から19時30分までの2日間。

INAIRは、「インエアー方式」という新たな構造を採用したイヤホン。外耳道の皮膚表面や聴覚器官を覆っている骨に音の振動を伝えることで、ヘッドホンやスピーカーに近い音響体験ができるという。一般的なイヤホンでは、細い音道管を通って音が出るため低音がこもりがちだが、INAIRでは音道管自体を排除したため、くっきりとしたベース音を再生可能だ。

イヤーチップには、長時間使っても耳が痛くならない「インエアーキャップ」を採用。耳の形状に合わせてチップがぴったりフィットする。INAIRは、有線タイプ「M360」とワイヤレスモデル「M360bt」の2種類を用意。M360は再生周波数帯域が10HZから20kHz、インピーダンスが16Ω±15%、音圧レベルが92dB±3dB。プラグはL型の3.5mm4極ステレオミニ。

M360btは、再生周波数帯域が20HZから20kHz、インピーダンスは16Ω±15%、音圧レベルが92dB±3dB。Bluetoothのバージョンは4.1で、対応コーデックはSBC、AAC、aptX。連続再生時間は約5時間。

なおINAIRは2018年6月1日まで、クラウドファンディングサイト「GREENFUNDING」にて支援金を募集している。目標金額は1,000,000円であったが、5月25日の時点で既に30,935,030円を集めた。販売価格はM360が11,000円(税込)、M360btが18,000円(税込)だが、5月25日の時点ではM360が8,250円(税込)、M360btが14,400円(税込)で購入可能だ。

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

パソコン工房

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ