AIを軸にIoTや自動車、医療分野を狙うIntel

インテルはこのほど、都内で記者説明会を実施し、2017年の総括と今後の展望について説明した。

冒頭、江田社長は2017年のトピックとしてインテルのサウンドロゴが音商標として認定されたことに触れ「言語以外の多様なブランド発信手段というユニークな商標を得たことはうれしい」と喜びを表現した。

サウンドロゴが誕生した当時は、Pentiumプロセッサーが登場し、プランドイメージをどうやって伝えていくか考えたそうだ。覚えやすくシンプルなメロディーによって信頼・信用とイノベーションを表現したという。その後も「インテル入ってる?」やCentrino、ウルトラブックのキャンペーンを通じて信頼されるイノベーション企業という発信ができたと振り返った。

2017年はドローンに関して説明会を行ったほか、ハウステンボスで小型ドローン「Intel Shooting Star」によるショーを実施した。江田氏は「夏の風物詩として定着させたい」とコメント。また、IoT/自動運転/AIが進化した年でもあったという。

このほか、オリンピックワールドワイドTOPパートナーとしてIOCに協力し、2024年までインテル製品をオリンピックに投入することを発表している。まずは平昌オリンピックで韓国キャリアのKTと協力して、5G提供するほか、平昌でのe-Sports大会も予定している。

新CPUを相次いで投入した2017年

2017年はハイエンドデスクトップ向けのIntel Core Xシリーズに加えて、メインストリーム向けにも第8世代Coreプロセッサを展開。日本市場はハイエンドを中心に盛り上がっていると肌感覚で感じるとした。CPUに関しては「今後も革新的な製品を投入してリーダーシップを確立したい」とアピールする。

将来に関してはすべてがネットに繋がるインテリジェントライフへの取り組みや、AI医療が広がるとするほか、2030年までに自動運転車が市場の1/4になるという予測を述べた。江田氏は「日本では高齢化に伴う移動手段として進展するのではないか」とコメント。

5Gに関しても日本では2020年に本格的商用を目指す方針があるほか、アジア市場が5Gの導入や開発で世界をリードするという。

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ