4K-UHDディスプレイ搭載の万能マシン – ハイパフォーマンス17.3型ノートPC「DAIV-NG7500シリーズ」

マウスコンピューターから販売中の「DAIV-NG7500シリーズ」。ハイエンドノートPC向けCPU「Intel Core i7-7700HQ」と外部グラフィックス「NVIDIA GeForce GTX 1070(8GB)」を搭載したクリエイター向けの17.3型4KノートPCだ。本製品は、クリエイター向けPCブランド「DAIV(ダイブ)」のモデルで、クリエイティブ系アプリケーションを快適に動作させられるパフォーマンスを備え、4K-UHD解像度の高解像度映像・画像を縮小することなく表示可能なプロ仕様となっている。

今回マウスコンピューターより同シリーズの実機を借用したので、詳細スペック、外観、使い勝手、パフォーマンスなどについてレビューしていこう。

※なお、以下で記載する価格についてはすべて税別である。

マウスコンピューター「DAIV-NG7500シリーズ」229,800円~

パッケージには本体、ACアダプタ、電源ケーブル、マニュアル類(製品仕様書、ファーストステップガイド、マウスコンピューターサポートマニュアル、保証書)が同梱されている

全モデルにCore i7-7700HQを搭載、用途に応じてカスタマイズ可能

今回試用したのはメモリ16GB、ストレージにM.2形状SerialATA III接続の256GB SSD、SerialATA III接続の1TB HDD(SreialATA II規格)を搭載したモデル。なお、現在はこの試用機が販売終了しており、後継機として「DAIV-NG7500E2-SH2」が登場している(メモリのみ、8GB)。同シリーズはこのモデルを含め、標準構成としては4モデルが用意されている。

メモリは8GB/16GB/32GBから、M.2形状SSDは256GB/512GB/1TB、SSDは960GB/1TB/2TB、HDDは1TB/2TBから選択可能だ。ストレージはデュアル構成が可能で、SerialATA III、M.2 SerialATA III、M.2 PCI Express x4などの接続方式や、パーツのグレードも自由に選べる。予算に余裕があれば、3000MB/sの連続読み出し性能を誇る1TB NVM Express SSD「SAMSUNG SM961」も選択できる。

※シリーズとしては、メモリは8GB、SSDは120GB、HDDは500GBから用意している

なお、標準の無線LANは最大433Mbpsの通信速度に対応しているが、最上位モデルのみ最大867Mbpsの通信速度に対応した「Intel Dual Band Wireless-AC 8265」を搭載している。オンラインストレージなどで頻繁に大量のデータをやり取りするのなら、ほかの5モデルを選んだ場合でも無線LANをアップグレードすることを強くオススメしたい。

「DAIV-NG7500シリーズ」のラインナップ
型番(価格)CPUメモリストレージ
DAIV-NG7500E3-S1
(229,800円)
Core i7-7700HQ8GB240GB SSD
DAIV-NG7500E2-SH2
(239,800円)
256GB M.2 SSD
1TB HDD
DAIV-NG7500S2-SH5
(259,800円)
16GB512GB M.2 SSD
1TB HDD
DAIV-NG7500S2-M2SSH2
(289,800円)
32GB256GB NVMe対応 M.2 SSD
2TB HDD

ACアダプタの実測重量は1,063g

ACアダプタの仕様は、入力100-240V~3.5A、出力19.5V/11.8A、容量230W。製品保証は国内仕様となっているが、変圧器不要なため世界各地で利用可能だ

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

マウスコンピューター

▼タップして詳細をみる▼
マウスコンピューター/G-Tune

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ