20gのワイヤレスアンプ「EarStudio」デュアルDAC搭載でaptX HD対応

東京・秋葉原のパソコン工房 AKIBA STARTUPは3月8日、FREEWAYのワイヤレスアンプ「EarStudio」の展示を開始した。展示期間は4月30日まで。

  • EarStudio

    EarStudio

EarStudioは、イヤホンやヘッドホンで、ハイレゾオーディオを楽しめるアンプ。イヤホンやヘッドホンとの接続は有線で、スマホやタブレットなど、デバイスとの接続はBluetooth。DACを2つ搭載(旭化成エレクトロニクスの「AK4375a」)し、バランス出力も可能。3.5mmジャックと2.5mmジャックを備えている。

コーデックは、音楽を最大48kHz/24bitのハイレゾで楽しめるaptX HDのほか、aptX、AAC、SBCをサポート。独自技術により、aptX、AAC、SBCで圧縮された音源も、24bitにアップコンバートする。

専用のスマホアプリ「EarStudio」を利用すると、音量やイコライザーなどを調整できる。本体サイズはW30×H53×D15mm、重量は約20g。音圧レベルは109dB、インピーダンスは1Ω。Bluetoothのバージョンは4.2。バッテリーを内蔵し、連続再生可能時間は14時間。

2018年3月8日現在、クラウドファンディングサイト「GREENFUDING」にて支援金を募集中。支援金の受け付けは残り41日で、既に目標金額1,000,000円に対して209%の2,094,480円を集めている。本体価格は16,800円(税込)だが、2018年3月8日現在、24%オフとなる13,980円で購入可能だ。

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

パソコン工房

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ