話題のプログラミングキット、ソニー「KOOV」は実際どう? – 子ども一人でも遊びながら学べる!

文部科学省が2016年4月に、小学校におけるプログラミング教育の必修化の検討を発表したことで、子どもを対象としたプログラミング教育に注目が集まっている。プログラミング教室が急増し、全国各地で行われるようになったイベントも大盛況だ。

プログラミングというと専門知識が必要に思えるが、最近は子ども向けのわかりやすい教材や書籍が多数販売されている。中でも、特に注目されているのがソニー・グローバルエデュケーションの「KOOV」だ。

ソニーの「KOOV」は、プログラミングの教材として実際のところどうなのか?

ブロックと電子パーツを組み合わせ、プログラミングするとロボットが反応する

KOOVは、ブロックと電子パーツから構成されている。それらを専用アプリのレシピを見ながら組み合わせてロボットを作り、ロボットを動かすためのプログラムを専用のKOOVアプリで作成するプログラミングキットだ。対象年齢は8才以上となっている。KOOVアプリの動作環境は、Windows 7(64bit)以降、mac OS X 10.9以降、iPadのiOS 9以降、およびインターネット接続環境だ。

KOOVアプリを使いながら一人でも遊びながら学べるように、ブロックの組み立て方やプログラミングの方法を分かりやすく丁寧に説明している。プラモデルの取扱説明書のように二次元ではなく、CG動画などの三次元で手順を確認できる。マウスを使って操作すれば、角度なども簡単に変えて見ることができるため、とてもわかりやすい。

アドバンスキットは箱が2つ。スターターキットは1つとなる

蓋を開けると電子パーツが並んでいる

取り出しやすく、しまいやすい。これなら子どもでも整理できそう

KOOVは、KOOVアドバンスキット(EKV-200A)、KOOVスターターキット(EKV-120S)、KOOV拡張パーツセット(EKV-080E)の3種類をラインナップ。最初はアドバンスキットかスターターキットを選ぶ。

今回購入したのはアドバンスキットだ。電子パーツとピース(ブロック)の2つにカテゴライズされており、スターターキットは電子パーツの総数が16個、ピースが172個、アドバンスキットは電子パーツの総数が24個、ブロックが302個。「ロボットレシピ」の作例数も、アドバンスキットは22種類(スターターキットは14種類)と多い。

電子パーツには、駆動系のサーボモーターやDCモーター、LED(レッド、ブルー、グリーン、ホワイト)、ブザー、光センサー、赤外線フォトリフレクタ、加速度センサー、プッシュスイッチなどが含まれる。

電子パーツ、ブロックは袋に小分けされている

もう一つの箱に入っていたブロックやパーツ。車輪などがある

ブロックは同じ色でも凹凸の位置や向きが違うものがあるので、気をつけなければならない

両端が回る電子パーツ

ギアもあった。色々な動きをプログラミングできそう

単3形電池は別売り。バッテリーに3本いれておく

重要なコアにバッテリーをつなぐ

購入したら、最初にやらなければならないのはKOOVのメンバー登録を行うこと。さらにKOOVアプリをインストールし、プレイヤーを作成しておく。これは必ずやっておかなければならず、KOOVアプリでログインしなければ、ロボットレシピなどの使い方を見ることができない。

KOOVメンバーズページ

ロボットを組み立て開始

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ