第2世代Ryzen向けチップセット搭載マザーボードが各社から登場

AMDは4月19日に第2世代Ryzenプロセッサとなる「Ryzen 2000」シリーズを発売した。これに合わせて、マザーボードメーカー各社が、対応チップセットとなるAMD X470搭載製品を発表した。まとめて紹介しよう。

第2世代Ryzenプロセッサ(開発コード名:Pinnacle Ridge)は、12nm LP プロセスで製造されるZen+コアを採用し、IPC(Instructions Per Clock)の向上に加えて、動作周波数を従来製品から引き上げた。

既存のAM4マザーボードでも利用できるが、新チップセット搭載製品では、電源回路設計の最適化や、SSDとHDDを組み合わせてストレージを高速化する「StoreMI」が利用できるといった強化が図られている。

ASRock

  • X470 Taichi Ultimate

ASRockは、AMD X470搭載マザー4モデルを発表。メインストリームの上位モデル「Taichi」に、16フェーズ電源回路や高品質コンポーネントを採用した「X470 Taichi Ultimate」を投入する。4月19日より順次販売を開始。CFD販売やマスタードシードなどが取り扱う。ラインナップと店頭予想価格は以下の通り。

製品名フォームファクタ発売日店頭予想価格
X470 Taichi UltimateATX5月2日税別36,980円前後
X470 TaichiATX4月19日税別29,980円前後
Fatal1ty X470 GAMING K4ATX4月19日税別23,800円前後
X470 MASTER SLIATX4月19日税別19,800円前後

ASUS

  • ROG CROSSHAIR VII HERO

ASRockは5モデルを発表。Intelチップセットで投入したゲーマー向け製品「TUF GAMING」をAMDプラットフォームでも展開する。ゲーマー向け最上位シリーズ「ROG CROSSHAIR」、メインストリーム向け「ROG STRIX」と合わせて、幅広いラインナップをそろえる。ラインナップと店頭予想価格は以下の通り。

製品名フォームファクタ発売日店頭予想価格
ROG CROSSHAIR VII HEROATX4月27日税込39,000円前後
ROG STRIX X470-F GAMINGATX4月19日税込29,000円前後
ROG STRIX X470-I GAMINGATX4月27日税込27,000円前後
TUF X470-PLUS GAMINGATX4月27日税込21,000円前後
PRIME X470-PROATX4月19日税込27,000円前後

GIGABYTE

  • X470 AORUS GAMING 7 WIFI

GIGABYTEは3モデルを発表。すべてゲーミングブランド「AORUS」の製品で、最上位の「X470 AORUS GAMING 7 WIFI」は、基板上のさまざまな場所にLEDを内蔵し、イルミネーション機能「RGB Fusion」をサポートする。また、X370搭載マザーも1モデル追加する。ラインナップと店頭予想価格は以下の通り。

製品名フォームファクタ発売日店頭予想価格
X470 AORUS GAMING 7 WIFIATX4月19日税込35,000円前後
X470 AORUS GAMING 5 WIFIATX4月19日税込28,000円前後
X470 AORUS ULTRA GAMINGATX4月19日税込27,000円前後
GA-AX370-Gaming 3ATX4月20日税込13,000円前後

MSI

  • X470 GAMING M7 AC

MSIは3モデルを発表。フラグシップの「X470 GAMING M7 AC」、メインストリーム向けの「X470 GAMING PRO CARBON」、コストパフォーマンス重視の「X470 GAMING PLUS」とバランスの取れたラインナップとなっている。発売日と店頭予想価格は以下の通り。

製品名フォームファクタ発売日店頭予想価格
X470 GAMING M7 ACATX4月19日税別32,980円
X470 GAMING PRO CARBONATX4月19日税別23,980円
X470 GAMING PLUSATX4月19日税別16,980円

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ