宇宙服を着たみたいな監視ロボット、AKIBA STARTUPで販売中

パソコン工房 AKIBA STARTUPはこのほど、FUGU INNOVATIONS JAPANのIPカメラ搭載ロボット「AUDUBE(アドビ)」の展示・実演・販売を開始した。実施期間は3月31日まで。販売価格は9,980円(税込)。

AUDUBEは、インターネットに接続することで、スマホやPCから撮影した映像を見られるライブカメラロボット。宇宙服を着たようなデザインとなっている。顔部分に130万画素のIPカメラを搭載している。首が水平方向に355度、垂直方向に45度まで動き、撮影する方向を自由に変えられる。利用するには専用のスマホアプリが必要だ。アプリの対応OSは、iOS 8.0以降、Android 4.1以降。

動体検知機能も備え、アプリで防犯モードをONにした状態で、不審な動きや音が鳴ると、ユーザーのスマホに警報を鳴らし、リアルタイム映像を送信する。

映像の解像度は1,280×960ドット。本体背面にMicroSDカードスロット(最大128GB)を搭載し、撮影した映像はMicroSDカードに録画できる。本体にはマイクを内蔵し、スマートフォンなどと通話も可能だ。インターネット接続は、有線LANかWi-Fi(IEEE 802.11b / g / n)に対応。付属アダプタを使い、家庭用コンセントから給電する。本体サイズは307×148×110mm、重量は60g。

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

パソコン工房

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ