今週の秋葉原情報 – Radeon入りの最上位NUCが発売に、Noctuaからは2,000回転の新世代ファンも

ブロワファン搭載のRX Vega 64カード

MSIの「Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC」は、オリジナルクーラーを搭載するRadeon RX Vega 64グラフィックスカード。コアクロックが1247/1546MHzから1272/1575MHzへと高速化されているほか、長寿命・低発熱のコンデンサを採用するなど、電力効率と安定性を重視している。価格は103,500円前後。

  • MSIの「Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC」。VegaのOCモデルだ

  • クーラーはブロワファンタイプ。カードは2スロット厚となる

Extreme Proブランドで登場のM.2 SSD

SanDiskの「Extreme Pro M.2 NVMe 3D SSD」は、M.2タイプの高速SSD。データ転送速度は、Western Digitalから発売されたばかりの「WD Black NVMe SSD」と同仕様となっているが、250GBはラインナップしていない。価格は、1TBが50,000円~51,500円前後、500GBが25,000~26,000円前後。どちらもなぜかWD Blackより安くなっている。

  • SanDiskの「Extreme Pro M.2 NVMe 3D SSD」。3D NANDを採用している

  • ちなみにこれは先週発売されたWestern Digitalの「WD Black NVMe SSD」

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ