今週の秋葉原情報 – GIGABYTEから12スロットのマイニングマザー、音声認識対応の小型ロボットも

Core X向けの安価なマイクロATXマザー

ASRockの「X299M Extreme4」は、Core X向けとしてはレアなマイクロATXマザーボード。メモリは4スロットとなるものの、11フェーズ電源などハイエンドな構成はATX版の「X299 Extreme4」から引き継いでおり、コンパクトで強力なマシンを組むには良いだろう。価格は32,500円前後と、Core X向けとしては安価なのも魅力。

マイクロATXながら、Intel製のデュアルGbEや、デュアルM.2スロットなどを搭載。Core X向けのマイクロATXモデルは他社製もあったが、この製品はローエンドの16レーンCPUにも対応しており、価格を重視する向きにも良い選択肢となりそうだ。

連動ケーブル付きのマイニングマザー

GIGABYTEの「GA-B250-FinTech」は、名前から分かるように、マイニング向けのマザーボードである。マイニング向けの製品は各社から出ているが、拡張スロットが様々な方法でびっしり並んでいて、変態マザーの見本市のような状況。この製品は拡張スロットを2列で並べることで、12スロットを実現している。価格は17,000円前後。

多数のグラフィックスカードを利用する場合、電源ユニットも複数台必要となるが、この製品には、購入特典として3台用の電源連動ケーブルが付属。そのほかケース無しでも利用しやすいように、電源・リセットボタンを搭載した基板も同梱されている。

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ