今週の秋葉原情報 – GeForce GTX 1080の外付けボックスが登場、機械学習対応を謳うファンコンも

コスパに優れるZ370/X299マザー

ASRockの「Z370 Killer SLI/ac」は、第8世代Core向けのゲーミングマザーボード。比較的安価なモデルながら、IEEE 802.11acの無線LANが付属し、チップセットクーラーにはRGB LEDを搭載する。なお製品名はKillerだが、有線も無線もLANコントローラはIntel製。ドスパラ秋葉原本店での価格は21,384円だ。

ASRockの「Z370 Killer SLI/ac」。コスパが良いZ370マザーだ

インタフェースは、HDMI、DVI、GbE、USB3.1(Gen1)などを備える

またCore X向けのマザーボードとして「X299 Extreme4」も発売となっている。X299モデルとしては安価な製品になるが、上位モデルと同じようにヒートパイプを搭載し、電源は8ピン×2が用意。ストレージ用のほか、無線LAN用のM.2スロットもあり、別途モジュールを購入すれば無線化も可能だ。同店での価格は32,184円。

「X299 Extreme4」。このモデルもチップセットクーラーが光る

「X299 Taichi XE」などと同じように、電源は8ピン×2を搭載する

ホワイトカラーのGTX 1060カード

GALAXY×玄人志向のハイエンドブランド「GALAKURO」から、GeForce GTX 1060を搭載するグラフィックスカード「GK-GTX1060-E6GB/WHITE」が新発売。白いデュアルファンクーラーを採用しており、コアクロックは1,556/1,771MHzへと、大幅に高速化されている。ドスパラ秋葉原本店での価格は37,778円。

GALAKUROの「GK-GTX1060-E6GB/WHITE」。カスタム基板デザインを採用

白いクーラーを搭載。OCツール「Xtreme Tuner Plus」も付属する

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ