今週の秋葉原情報 – 第8世代Core「Coffee Lake」が発売開始、新GPU「GeForce GTX 1070 Ti」も登場

ついに6コアがメインストリームに

Intelの第8世代Coreプロセッサ(コードネーム:Coffee Lake)の発売が開始。登場したのは「Core i7-8700K」など、8000番台の6モデルで、i7/i5/i3が2モデルずつ用意されている。主なスペックと価格は以下の通り。

モデル C/T 動作クロック TDP キャッシュ 価格
i7-8700K 6/12 3.70/4.70GHz 95W 12MB 48,000円前後
i7-8700 6/12 3.20/4.60GHz 65W 12MB 40,500円前後
i5-8600K 6/6 3.60/4.30GHz 95W 9MB 33,500円前後
i5-8400 6/6 2.80/4.00GHz 65W 9MB 23,500円前後
i3-8350K 4/4 4.00GHz 91W 8MB 23,000円前後
i3-8100 4/4 3.60GHz 65W 6MB 15,000円前後

最上位モデルの「i7-8700K」。これにはCPUクーラーが付属しない

製品パッケージのデザインは新しくなった。文字部分がカラフルに

大きな特徴は、コア数が増えたこと。i5以上が6コアとなったほか、ローエンドのi3でも4コア搭載というのは注目ポイントだろう。ハイパースレッディングはi7のみ対応しており、i5/i3は非対応。なお内蔵GPUの仕様については、各モデルでそれほど大きな差は無い。

ソケットは従来と同じLGA1151だが、第7世代Core(Kaby Lake)とは互換性が無くなっているので注意して欲しい。Coffee Lakeには同時に登場したZ370チップセット搭載マザーボードが必要で、従来のZ270やH270のマザーボードでは動作しない。逆に、Kaby LakeをZ370マザーボードで使うこともできない。

ドスパラ秋葉原本店では、"珈琲"繋がりのクリアファイルをプレゼント

同ショップでは、時間限定ながら、購入者に淹れ立て珈琲が振る舞われた

Z370マザーが4社から一挙に登場

Coffee Lakeに対応するZ370チップセット搭載マザーボードが登場、各社より一斉に発売となった。基本的に、Z370は従来のZ270とほぼ同スペックで、マザーボードもマイナーチェンジ版が多いが、Coffee LakeにはZ370が必須となる。ウルトラハイエンドからローエンドまで、幅広い製品がラインナップしている。

TSUKUMO eX.のZ370製品コーナー

同ショップでは展示も多く出ていた

パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店

ドスパラ秋葉原本店

■ASRock
モデル サイズ 価格
Fatal1ty Z370 Professional Gaming i7 ATX 39,500円前後
Z370 Taichi ATX 35,500円前後
Fatal1ty Z370 Gaming K6 ATX 28,500円前後
Z370 Extreme4 ATX 25,000円前後
Z370 Pro4 ATX 16,000円前後
Z370M Pro4 microATX 16,000円前後
Fatal1ty Z370 Gaming-ITX/ac Mini-ITX 27,000円前後
Z370M-ITX/ac Mini-ITX 20,500円前後
■MSI
モデル サイズ 価格
Z370 GODLIKE GAMING E-ATX 74,500円前後
Z370 GAMING M5 ATX 30,000円前後
Z370 GAMING PRO CARBON AC ATX 29,500円前後
Z370 GAMING PRO CARBON ATX 26,500円前後
Z370 TOMAHAWK ATX 20,000円前後
Z370 PC PRO ATX 17,000円前後
Z370 GAMING PLUS ATX 15,500円前後
Z370M GAMING PRO AC microATX 23,500円前後
■GIGABYTE
モデル サイズ 価格
Z370 AORUS Gaming 7 ATX 38,500円前後
Z370 AORUS Ultra Gaming ATX 22,500円前後
Z370 HD3 ATX 19,000円前後
Z370M D3H microATX 18,000円前後
Z370N WIFI Mini-ITX 22,500円前後
■ASUS
モデル サイズ 価格
ROG STRIX Z370-F GAMING ATX 28,000円前後
PRIME Z370-A ATX 27,000円前後
TUF Z370-PLUS GAMING ATX 22,000円前後
ROG STRIX Z370-I GAMING Mini-ITX 31,000円前後

ASRockはMini-ITXを2モデル投入。これは「Fatal1ty Z370 Gaming-ITX/ac」

GIGABYTEの「Z370N WIFI」は、Mini-ITXながらM.2を2スロット装備

最高価格はMSIの「Z370 GODLIKE GAMING」。とにかく豪華仕様のモデル

MSIの「Z370M GAMING PRO AC」は、数少ないmicroATXモデルだ

定番の売れ筋モデルはASUSの「ROG STRIX Z370-F GAMING」

ASUSの「TUF Z370-PLUS GAMING」は、TUFの名を冠しながら安価に

あの究極の変態マザーがついに発売! / GTX 1070とGTX 1080の間に新GPU

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ