今週の秋葉原情報 – 第2世代Ryzen「Pinnacle Ridge」が発売に、X470マザーボードも一挙に登場

デスクトップ向けRyzenが第2世代に進化

AMDの「Pinnacle Ridge」こと、第2世代「Ryzen」の発売が開始された。登場したのは以下の4モデル。Ryzen 7は8コア/16スレッド、Ryzen 5は6コア/12スレッドで、アーキテクチャ自体は第1世代からあまり変わっていないものの、クロックが全体的に向上している。従来同様、GPUは非搭載なので、別途グラフィックスカードが必要になる。

モデル C/T クロック TDP クーラー 価格
Ryzen 7 2700X 8/16 3.7/4.3GHz 105W Prism(LED) 41,000円前後
Ryzen 7 2700 8/16 3.2/4.1GHz 65W Spire(LED) 39,000円前後
Ryzen 5 2600X 6/12 3.6/4.2GHz 95W Spire 28,000円前後
Ryzen 5 2600 6/12 3.4/3.9GHz 65W Stealth 25,000円前後

「Precision Boost 2」や「Extended Frequency Range 2」といった機能も搭載した。CPUの詳細については、いつものようの大原氏によるベンチマーク記事が掲載されているので、そちらを参照して欲しい。

売れ筋は、やはり最上位モデルの「Ryzen 7 2700X」だ。第1世代の「Ryzen 7 1800X」より安くなっている上、1800Xでは別売だったCPUクーラーも同梱されており、コストパフォーマンスは期待できそう。2700Xには新型の「Wraith Prism」クーラーが付属しており、RGB LEDによるライティングも楽しめる。

ソケットは従来と互換性のあるSocket AM4で、BIOSさえアップデートしておけば、これまでのX370マザーボードでも利用可能だ。ただ、第2世代Ryzenの性能をフルに発揮するためには、同時に発売が開始されたX470チップセット搭載マザーボードと揃えた方が良い。新規に導入するときは、ショップのセット割りなどを活用しよう。

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ