今週の秋葉原情報 – 水冷対応のGeForce GTX 1080 Tiカードが発売、殻割り用のキワモノツールも

最安クラスのRyzen用マザーボード

BIOSTARの「A320MH PRO」は、Ryzen向けMicro-ATXマザーボードの低価格モデル。グラフィックス出力はHDMIとVGA、USB端子は4ポートのみと、インタフェースは最低限ながら、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店での価格は6,998円と、非常に安い。セカンドマシンなどの用途に良いだろう。

BIOSTARの「A320MH PRO」。Socket AM4向けのローエンドモデルだ

基板の構成は非常にシンプル。SATAは4ポート搭載している

DIY水冷対応のGTX 1080 Tiカード

ZOTACの「GeForce GTX 1080 Ti ArcticStorm」は、オリジナルの水冷VGAクーラーを搭載したGeForce GTX 1080 Tiグラフィックスカードである。製品に付属するのは水冷ブロックのみなので、別途ラジエータやポンプなどが必要。クーラーのアクリル部分にはLEDを内蔵しており、ソフトウェア制御が可能だ。価格は129,500円前後。

ZOTACの「GeForce GTX 1080 Ti ArcticStorm」。コアクロックは1506/1620MHz

クーラーはフルカバータイプ。周辺コンポーネントも含めて冷却する

また空冷のカードでは、「GeForce GTX 1080 Ti AMP Extreme Core Edition」が登場している。名前がややこしくなっているが、この「AMP Extreme Core Edition」は、既存の「AMP Extreme」と同じ2.5スロット厚クーラーを採用しつつ、クロックをやや抑えたモデルとなる(1645/1759MHz→1607/1721MHz)。価格は113,500円前後。

こちらは「GeForce GTX 1080 Ti AMP Extreme Core Edition」

パッケージの名前部分。「Core」のシールを貼っただけのような

空冷/水冷両対応のカードも / 303がライティング対応で派手に

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ