今週の秋葉原情報 – 待望の18コア「Core X」がついに発売、第8世代Core(Coffee Lake)の予約も

18コアの最上位Core Xがついに発売

Intelのハイエンド向けCPU「Core X」シリーズに、最上位モデルとなる「Core i9-7980XE」「同i9-7960X」「同i9-7940X」が追加された。従来の最上位は12コアの「i9-7920X」だったが、新モデルはコア数が増え、最大18コア/36スレッドとなる。価格は25万円近いものの、取材時(10月27日)に完売というショップも多かった。

Intelの「Core i9-7980XE」。このモデルだけ文字が金色となる

残りの2モデル「i9-7960X」「i9-7940X」は従来通りのパッケージ

いずれもSkylake-Xベースの製品。コア数や動作クロックが主な違いで、それぞれ以下のようになる。メモリはDDR4-2666に対応し、PCI Expressレーン数は44で共通。なお3モデルとも、TDPは従来の140Wから165Wへと増えているため、CPUクーラーや電源ユニット等を選ぶ際には注意して欲しい。

モデル コア動作クロック(※) キャッシュ価格
i9-7980XE 18 2.60/4.20/4.40GHz 24.75MB 246000円前後
i9-7960X 16 2.80/4.20/4.40GHz 22MB 209000円前後
i9-7940X 14 3.10/4.30/4.40GHz 19.25MB 172000円前後
※ベース/ターボ・ブースト/ターボ・ブースト・マックス時

Coffee Lakeの予約受付が開始

コードネーム「Coffee Lake」こと、Intelの第8世代Coreプロセッサが11月2日より発売予定だ。同日発売が開始されるのは、「Core i7-8700K」など6モデル。第7世代(Kaby Lake)と比べると、最大コア数が4から6に増えることが最も大きな特徴となる。i7-8700Kの価格は、48,000円前後になる見込み。

TSUKUMO eX.の店頭POP。発売は午前11時からとなるので注意して欲しい

ドスパラ秋葉原本店では、予約特典としてクリアファイルのプレゼントも

なお、第8世代Coreプロセッサに対応するZ370チップセット搭載マザーボードも同時に発売される予定だ。ASUS、ASRock、MSI、GIGABYTEなどから製品が登場する見込みで、ASRockはMini-ITXマザーボード「Z370M-ITX/ac」まで用意している。

TSUKUMO eX.で予約を受け付けているZ370搭載マザーボード

超高速な無線/有線LAN搭載マザー / PCI-E/SATA両対応のM.2増設カード

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ