今週の秋葉原情報 – 待望の新世代CPU「Ryzen」がついに登場! 対応マザーは5社から発売に

深夜販売は予想以上の盛り上がり!

AMDから、待望の新世代CPU「Ryzen」が登場、発売が開始された。第1弾として投入されたのは、ハイエンド向けの「Ryzen 7」シリーズ3モデル。いずれも倍率アンロックの製品で、型番に「X」が付く上位の2モデルは、冷却能力が高い場合にさらにクロックを上げる「XFR」機能をサポートする。

AMDの新世代CPU「Ryzen」。1800X/1700Xにはクーラーが付属しない

ヒートスプレッダにはRyzenの大きなロゴが。この大きさは自信の表れ?

CPU クロック TDP価格
Ryzen 7 1800X 3.6/4.0GHz 95W 64500円前後
Ryzen 7 1700X 3.4/3.8GHz 95W 50500円前後
Ryzen 7 1700 3.0/3.7GHz 65W 42000円前後

Ryzenの発売日は3日(金)。秋葉原では恒例の深夜販売が実施され、少しでも早く入手したいというユーザーが詰めかけた。深夜販売を行ったのは、TSUKUMO eX.、ドスパラパーツ館、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店の3ショップ。前夜22時から事前会計を開始し、販売解禁時間の3日0時から商品の引き渡しがスタートした。

最も長い行列が見られたのはTSUKUMO eX.で、22時の段階でその数は100人以上。最終的にCPUは200個ほど売れたそうで、秋葉原全体では、300人くらいがRyzenを購入したとみられる。AMDには余りにも長く待たされたため、どのくらいのユーザーが来るのか予測が難しかったが、フタを開けてみれば大盛況だったといえるだろう。

22時頃のTSUKUMO eX.前。この時点で100人以上が並んでいた

23:50頃からは、AMD森本竜英氏によるプレゼンも行われた

0時になると商品の引き渡しが開始。一番人気は1800Xだった

ドスパラ秋葉原本店5Fでは、高橋敏也氏による公開生放送も行われた

AM4マザーボードも多数発売に / CPUクーラーの対応状況は?

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ