今週の秋葉原情報 – 初のRyzen向けMini-ITXマザーが発売に、注目のOptaneメモリもついに登場

待望のRyzen向けMini-ITXマザー

Biostarから、Socket AM4向けとしては初となるMini-ITXマザーボードが2種類登場。X370モデルの「X370GTN」とB350モデルの「B350GTN」が発売となっている。両モデルは同構成で、違いは搭載チップセットのみ。入荷したパソコン工房 秋葉原 BUY MORE店での価格は、それぞれ14,990円と13,154円と、低価格も魅力だ。

Biostarの「B350GTN」。上位モデル「X370GTN」は完売となっていた

ヒートシンクにはLEDを内蔵。基板上にはLED用コネクタも用意されている

また同社からは、マイクロATXの「X370GT3」も登場している。X370チップセット搭載モデルはATXばかりなので、コンパクトなマイクロATXケースで自作したい人には待望のモデルと言えるだろう。構成は比較的シンプルだが、Dual BIOSなど、様々な保護機能を搭載している。同ショップでの価格は14,882円。

こちらは「X370GT3」。X370でマイクロATXと、なかなかのレアモノ

X370としてはシンプルな構成だ。GbEはRealtek製コントローラを採用

X370チップセットの最上位マザー

GIGABYTEの「GA-AX370-Gaming K7」は、X370チップセットを搭載するSocket AM4向けマザーボード。AMD向けのハイエンドモデルとなり、6+4フェーズ電源、BCLK用チューニングIC「Turbo B-Clock」、Intel+KillerのデュアルGbE、長寿命の固体コンデンサ「Durable Black」、U.2オンボードコネクタなどを備える。価格は29,000円前後。

GIGABYTEの「GA-AX370-Gaming K7」。ゲーミング向けのハイエンドモデルだ

既存の「Gaming 5」に良く似た印象だが、「Turbo B-Clock」などを追加

デュアル×ダブルで合計4ファン / Optaneメモリがようやく登場

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ