今週の秋葉原情報 – なぜ入荷? Socket 478の新品マザーボードが久しぶりに発売開始に

10年以上昔のマザーボードが再入荷

TSUKUMO eX.にて、なぜかSocket 478のマザーボードが再入荷。ASRockの「P4i65G」という、865Gチップセットを搭載した古い製品なのだが、今からこれを使おうとすると、結構難易度が高い。CPUはPrescott世代のPentium 4だし、メモリはDDR400だ。もちろん新品はもう売っておらず、中古で見つけるのも大変だろう。価格は普通に9,158円。

国内一貫生産を謳うM.2用ヒートシンク

親和産業の「SS-M2S-HS03」は、冷却ファンが付いたM.2 SSD用ヒートシンクだ。素材は放熱性の高い2mm厚のアルミニウムを採用し、日本製の超低硬度放熱シリコンパッドが付属する。ファンの取付位置は3カ所から選択可能。発熱場所に合わせて調整することができる。TSUKUMO eX.での価格は2,678円。

冷却用には、XINRUILIAN製の25mmファン「RDM2510S」が付属。回転数は10,000rpmで、ノイズレベルは22.0dBAとなる。冷却性能をさらに高めるために、デュアルファン化も可能。増設用ファンの発売も開始されており、同ショップでの価格は1,069円。

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ