マウス半端ないって! 訳ありセールで46万円のゲーミングPCが13万5,000円に

マウスコンピューターは7月23日、長野県飯山市の飯山工場にて開催する「訳ありセール」の特価製品第3弾を発表した。目玉はIntel Core i9-7900XとNVIDIA GeForce GTX 1080 Ti搭載のハイエンドゲーミングPC「MASTERPIECE i1720PA1-DL」で、通常価格462,672円からなんと70%オフの135,000円で販売する。このほか、ディスプレイ製品でもお得なモデルをラインナップする。

「訳ありセール」は毎年夏に開催される恒例の特価販売イベント。店頭展示品などわずかな擦り傷や凹みがある製品、化粧箱が汚れた製品、型落ち品を再整備し、動作確認した商品を「訳あり品」として特別価格で販売する。2018年で11回目を数える。今年は7月28日6時30分からセールを開始する。

これまでセール前の特価情報として、通常47万6,496円のクリエイター向けデスクトップPC「DAIV-DGX750H2-SH5」を200,000円で、144Hz駆動の24型ゲーミングディスプレイを5,000円で販売するなど衝撃特価を予告してきたが、情報公開第3弾となる今回も負けず劣らずとんでもない割引率となっている。

ゲーミングPCブランド「G-Tune」のフラグシップ「MASTERPIECE i1720PA1-DL」は、Intel Core i9-7900X、32GBメモリ(8GB×4)、960GB SSD + 3TB HDD、NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti 11GB、DVDスーパーマルチドライブ、Windows 10 Home 64bitという構成で、通常価格から70%オフの135,000円で販売する。もちろん限定数は1台。

  • 情報公開第3弾。462,672円のPCを135,000円に! そんなんできひんやん普通……。そんなんできる?

また、ゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i5730SA1」は、Intel Core i7-7700HQ、16GBメモリ(8GB×2)、256GB SSD + 1TB HDD、NVIDIA GeForce GTX 1070 8GB、15.6型フルHD(1,920×1,080ドット)ディスプレイ、Windows 10 Home 64bitという構成で、通常価格から55%オフの95,000円で販売する。こちらの限定数は2台。

このほか、ディスプレイ製品でもお得なモデルをラインナップする。

今年も入場予約券はスタンプ制。猛暑なのでくれぐれも無理は禁物

今回の訳ありセールでも、入場予約券を事前配布するが、2017年と同様にセール開始前までに、飯山工場で行われる点呼にすべて参加しないと有効にならないシステムを採用する。指定の点呼時間に参加できない場合は整理券は無効だ。詳しくは2017年のレポートを参照してほしい。

  • 入場予約券のイメージ。予約券をもらった段階からすべての点呼に参加してスタンプを押してもらうことで有効となる。途中で1回でも参加できないとその時点で無効に。その場合はまた予約券をもらいなおしてその時点からの点呼に参加する

整理券の配布は7月24日9時30分からを予定していたが、すでに長時間ならんでいる参加者がおり、熱中症などの危険性があるため、本日7月23日から整理券を配布した。セールが行われる7月28日まで最高気温が30度を越えるが続く。特価品を手に入れたい気持ちは分かるが、くれぐれも無理はしないようにお願いしたい。

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

マウスコンピューター

▼タップして詳細をみる▼
マウスコンピューター/G-Tune

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ