マウス、デスクトップ版Kaby Lake搭載ミニタワー/スリムPC販売開始

マウスコンピューターは6日、最新のIntel Coreプロセッサ「Kaby Lake」を搭載したデスクトップPCを2モデル販売開始した。ミニタワーモデルとスリムタワーモデルを用意し、標準構成価格は前者が税別67,800円、後者が税別69,800円。

LM-iH440SN

LM-iHS320S(いずれもディスプレイは別売)

Kaby Lakeは、Intelの第7世代Coreプロセッサの開発コード名。14nm+プロセスルールを採用しており、前世代のSkylakeよりもクロック数をアップすると同時に省電力化を実現している。内蔵GPUのメディアエンジンも刷新し、動画処理能力も高まった。今回発売される両モデルは、1月4日に発表されたばかりのデスクトップ版Kaby LakeであるIntel Core i5-7400を搭載する。

ラインナップは、ミニタワーモデルの「LM-iH440SN」とスリムタワーモデルの「LM-iHS320S」。標準構成はほぼ共通だが、ミニタワーモデルでは光学ドライブとカードリーダーが非搭載となっている。

共通する主な仕様は、CPUがIntel Core i5-7400(3.00GHz)、チップセットがIntel H110、メモリが8GB、ストレージが1TB HDD、グラフィックスがIntel HD Graphics 630など。これに加え、スリムタワーモデルのみDVDスーパーマルチ対応光学ドライブを搭載する。

電源はミニタワーモデルが350W 80PLUS BRONZEで、スリムタワーモデルが300WPLUS BRONZE。本体サイズはミニタワーモデルがW170×D403×H360mm、スリムタワーモデルがW100×D393×H364mm。

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

マウスコンピューター

▼タップして詳細をみる▼
マウスコンピューター/G-Tune

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ