パソコン工房、Ryzen 5搭載デスクトップを販売開始 – 3モデル用意

ユニットコムは11日、「パソコン工房」WebサイトにてAMDの最新プロセッサ「Ryzen 5」を搭載したBTOデスクトップを3モデル販売開始した。BTOカスタマイズに対応し、価格は税別89,980円から。

Ryzen 5は、「Zen」アーキテクチャを採用したAMDの新プロセッサ「Ryzen」シリーズのミドルレンジモデル。前世代の「Excavator」アーキテクチャと比較してクロック当たりの処理能力が最大52%向上している。また、4コア / 8スレッドもしくは6コア / 12スレッドというマルチスレッド機能と高クロック動作により、ビジネスユースからゲーミングまで幅広い用途に対応するという。

搭載PCは3モデルを用意。Ryzen 5 1400を搭載した「STYLE-R0X3-R4-IX」の主な仕様は、CPUがAMD Ryzen 5 1400(3.2GHz、4コア / 8スレッド)、チップセットがAMD 370、メモリが8GB PC4-19200(4GB×2)、グラフィックスがNVIDIA GeForce GT 730 1GB、ストレージが1TB HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、電源が500W 80PLUS SILVER、OSがWindows 10 Home 64bitなど。本体サイズはW190×D475×H422mm。税別価格が89,980円から。

Ryzen 5 1600搭載モデル「STYLE-R0X3-R6-RNJ」の主な仕様は、CPUがAMD Ryzen 5 1600(3.2GHz、6コア / 12スレッド)、チップセットがAMD X370、メモリが8GB PC4-19200(4GB×2)、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060 3GB、ストレージが1TB HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、電源が500W 80PLUS SILVER、OSがWindows 10 Home 64bitなど。本体サイズはW190×D475×H422mm。税別価格が113,980円から。

Ryzen 5 1600X搭載モデル「LEVEL-R0X3-R6X-RN」の主な仕様は、CPUがAMD Ryzen 5 1600X(3.6GHz、6コア / 12スレッド)、チップセットがAMD X370,メモリが8GB PC4-19200(4GB×2)、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060 6GB、ストレージが1TB HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、電源が500W 80PLUS SILVER、OSがWindows 10 Home 64bitなど。本体サイズはW190×D477×H432mm。税別価格が129,980円から。

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

パソコン工房

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ