エントリーノートPCが4万円切り! 今ならもっとお得に買えるチャンス – 「STYLE-14HP012-C-CE」

ユニットコムが販売するエントリー向けノートPC「STYLE∞N」シリーズは、低価格ながら使い勝手を追求することで、コストパフォーマンスに優れるシリーズだ。そのSTYLE∞Nシリーズの中で、販売価格が36,980円(税別)と非常に安価ながら、普段使いに必要十分な性能を備えることで人気の高いモデルが「STYLE-14HP012-C-CE」。そこで今回は、STYLE-14HP012-C-CEを取り上げ、その実力をチェックしていこう。

すっきりとしたデザインで、幅広いシーンで安心して利用できる

ではまず、本体デザインを見ていこう。低価格PCというと、樹脂製のボディで、見た目にも安っぽいデザインという製品も少なくない。確かにSTYLE-14HP012-C-CEも、ボディには樹脂素材を採用してはいるが、天板やキーボード面はメタリック調で光沢感のあるグレーの塗装が施されており、安っぽいという印象はない。

天板や液晶下部に配置されている「STYLE∞」ロゴ表記もいいアクセントとなっており、このクラスの製品としては、なかなかスタイリッシュなデザインとなっている。これなら、自宅で利用するパーソナル用途からビジネスシーンでの利用まで、幅広いシーンに安心して対応できるはずだ。

本体サイズは、340×244×32mmと、14型液晶を搭載するノートPCとして標準的で、重量も約1.65kgとまずまずの軽さ。モバイルノートではないものの、このサイズと軽さならば、家庭やオフィスなどで別の部屋で利用する場合でも、軽快に持ち運べるだろう。

鮮やかな発色の14型液晶を搭載

液晶ディスプレイには、HD(1,366×768ドット)表示対応の14型パネルを採用している。表示解像度はこのクラスとして標準的だが、パネル表面が光沢処理となっていることで、発色はかなり鮮やかだ。スマホやデジタルカメラで撮影した写真も、クオリティを損なわず表示できる点は嬉しい。視野角がやや狭い点は、価格を考えると仕方のない部分だが、パーソナル利用が中心のノートPCでは斜めから画面をのぞき込んで使うことはほとんどなく、大きな問題は感じなかった。全体的には、このクラスのノートPCとして十分に満足できるディスプレイと言える。

フルピッチで扱いやすいキーボードを搭載

ノートPCを使う上で見逃せないのが、キーボードの仕様だ。いくら性能が良くても、キーボードの出来が悪いと、とたんに使い勝手が大きく低下する。その点、STYLE-14HP012-C-CEは安心だ。キーピッチは約19mmフルピッチで、ストロークは十分に深く、クリック感もしっかりと感じられるので、安定したタイピングが可能。配列も標準的となっており、小型のノートPCで見られるような無理な配列も見あたらない。Enterキー付近の一部キーのピッチが広くなっている部分もあるが、ピッチが狭いものと違って使い勝手は落ちないので、この点もほぼ気にしなくていいだろう。

ポインティングデバイスにはタッチパッドを採用。2本指でのスクロール操作などのジェスチャー操作にも対応しており、軽快に利用できる。クリックボタンを独立して用意することで、操作性が高められている点も嬉しい魅力だ。

価格に対し申し分ないスペックで、ポート類も豊富に用意

STYLE-14HP012-C-CEのスペックは、3万円台という価格を考えると非常に充実している。CPUは、4コア4スレッド処理に対応するCeleron N3450を採用している。低価格PCでは、CPUにAtomシリーズを採用する例が多いが、Celeron N3450はワンランク上の処理能力を発揮するため、安定して快適な利用が可能となっている。

メインメモリ容量は標準で4GBと、こちらも必要十分だが、オプションで8GBに増設が可能となっている。メモリを増設すると、メモリ動作がデュアルチャネルとなり、CPUの性能を最大限引き出せるようになる。

内蔵ストレージは、標準では500GBのHDDを搭載している。容量的には十分だが、HDDでなのでOSやアプリの起動などでやや待たされる印象もある。しかし、こちらもオプションで高速なSSDを選択可能となっている。本体価格から考えると、HDDとSSDの価格差はやや大きいと感じるが、SSDにすると段違いの快適度となるため、予算の余裕があるならSSDの搭載がベスト。加えてSTYLE-14HP012-C-CEでは、SSDとHDDの同時搭載も可能。その場合には、高速なOSやアプリ起動環境に加えて、大容量のデータ保存領域も確保できるので、こちらもおすすめだ。

この他には、無線機能としてIEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠無線LANやBluetooth 4.2を標準搭載。そして、豊富な外部ポートも大きな魅力となる。左側面にはHDMI出力、USB 3.0、USB Type-C(USB 3.0相当)、マイクジャック、ヘッドホンジャックが、右側面にはUSB 2.0、SDカードスロット、アナログRGB出力、ギガビットイーサネットポートと、このクラスのノートPCとしては破格のポート類が備わっている。これなら、パーソナルでの利用はもちろん、ビジネスシーンでも豊富な周辺機器を安心して利用できるだろう。

  • 左側面の様子。HDMI出力、USB 3.0、USB Type-C(USB 3.0相当)、マイクジャック、ヘッドホンジャックを用意

  • 右側面の様子。USB 2.0、SDカードスロット、アナログRGB出力、ギガビットイーサネットポートを用意

[PR]提供: ユニットコム

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

パソコン工房

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ