インテル、Core i7-8700Kを11月2日に国内発売

インテルは10月25日、"Coffee Lake"の開発コード名で知られるデスクトップ向け第8世代Coreプロセッサを11月2日に発売すると発表した。10月27日0時より予約の受付を開始する。第1弾として最上位のIntel Core i7-8700Kを投入し、その後順次ラインナップを拡充するという。価格は未定。

デスクトップ向け第8世代Coreプロセッサは、14nm++プロセスを採用。従来モデルからコア数とスレッド数が増加し、Core i7で6コア/12スレッド、Core i5で6コア/6スレッド、Core i3で4コア/4スレッドを実装する。また、動作周波数を向上させたほか、オーバークロック性能を高めたとしている。

製品名コア/スレッドベース/ブーストキャッシュTDP対応メモリ
Core i7-8700K6/123.7GHz/4.7GHz12MB95DDR4-2666
Core i7-87006/123.2GHz/4.6GHz12MB95DDR4-2666
Core i5-8600K6/63.6GHz/4.3GHz9MB95DDR4-2666
Core i7-84006/62.8GHz/4GHz9MB65DDR4-2666
Core i3-8350K4/44GHz/ - 6MB91DDR4-2400
Core i3-81004/43.6GHz/ - 6MB65DDR4-2400

海外ではすでにCPUの単体販売が開始されているが、日本国内ではBTO PCなどセットメーカー向けの提供が先行し、単体販売は遅れていた。なお、11月2日に発売するのは、最上位モデルのIntel Core i7-8700Kのみで、そのほかのモデルは順次販売するという。

インテルは11月23日に東京・秋葉原、12月2日に大阪・日本橋で発売記念イベントを予定しているため、このときまでにはある程度ラインナップがそろっているものと思われる。

また、各マザーボードメーカーは「CPU発売に合わせて製品を投入する」とアナウンスしており、近いうちに何らかの発表があるものとみられる。

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ