【特別企画】VR Readyの強力スペック! – ミドルタワーゲーミングPC「ALIENWARE Aurora R5」

デルのゲーミングPC「ALIENWARE」は、ハイエンドゲーミングPCシリーズとしておなじみの存在だ。そのALIENWAREの最新モデル「Alienware Aurora R5」は、水冷CPUクーラーの採用や、NVIDIA GeForce 10シリーズグラフィックスカードの2枚差しSLI構成にも対応するなど、スペック重視のミドルタワーゲーミングPCとなっている。本稿では、その特徴を見ていきたい。

放熱性に優れ、内部メンテナンスも容易なミドルタワーケース

ALIENWARE Aurora R5(以下、Aurora R5)は、ミドルワークラスのオリジナルケースを採用。本体サイズはW212×D360.5×H472.52mmと、どちらかというとミニタワーに近いサイズで、ゲーミングデスクトップとして比較的コンパクトとなっている。しかしこのケースには、ALIENWARE最上位モデル「Area-51」の思想を受け継ぐ、様々な特徴が隠されている。

ケースのデザインは、どちらかというと奇抜な印象の製品が多いALIENWAREシリーズとしては比較的"おとなしめ"という印象。ただ、横から見ると上部と下部が斜めに切り取られ、6角形に近いデザインである点や、正面の電源ボタンにおなじみのエイリアンをイメージしたボタンを用いている点、左右側面にLEDイルミネーションを備える点など、ALIENWAREらしさも十分に感じられるものとなっている。

本体正面。幅212mm、高さ472.52mmと、ゲーミングPCとしては比較的コンパクトなボディ。正面ボタンにはALIENWAREおなじみのエイリアンロゴの電源ボタンを配置

奥行きは360.5mmと、このクラスのケースとしては短め。側面から見ると6角形のような形状に見える。また、LEDイルミネーションも用意

側面のLEDイルミネーションや電源ボタン部分のカラーは、付属ツール「AW Command Center」で自由に変更できる

このケースの最大の特徴となるのが、優れた冷却性能を備えていることだ。内部のエアフローをしっかりと計算し、効率良く吸気と排気できるように内部パーツの配置を工夫することで、最新CPUの搭載や、NVIDIA GeForce 10シリーズのSLI構成への対応を実現しつつ、比較的コンパクトなサイズで安定した放熱を可能としている。具体的には、前面下部や側面に用意された吸気口から外部の空気を取り入れ、ケース天面の排気口から排出するという空気の流れを確保することで、効率良くケース内部の熱気を外部に放出できる。実際に本体を稼働させて天面付近に手をかざしてみると、天面から熱気が勢いよく放出されていることがよくわかる。

本体前面下部と左右側面のスリットから外気を取り込み、上部から排出する空気の流れを確保

上部から内部の熱気が排出されるため、内部パーツを効率良く冷却できる

こちらは背面の様子。電源ユニットの熱はこちらから排出。搭載グラフィックスカードによっては、グラフィックスカードの熱を背面から放出する場合もある

また、コンパクトなボディにハイエンドパーツを詰め込みつつ、優れたメンテナンス性を確保していることも大きなポイントだ。ケース左側面のパネルを外すと電源ユニットが現れる。通常、マザーボード上部に電源ユニットを配置するケースでは、マザーボード付近のメンテナンスを行う場合に、まず電源ユニットを外す必要があるなど、メンテナンス性がやや犠牲になっているものが多い。

それに対しAurora R5のケースでは、ドライバーレスで電源ユニット部が扉を開くように手前に動き、簡単にマザーボードへとアクセスできるため、メンテナンス性が一切犠牲になっていない。また、拡張カードや内部ストレージベイもドライバー不要のツールレスで着脱可能な構造となっているので、グラフィックスカードやHDDの追加も容易だ。内部メンテナンスは頻繁に行うことではないかもしれないが、こういった部分まで利便性を考慮した設計になっているという点は、特筆すべき部分だろう。

側面パネルを開けた状態。マザーボードの真上に配置された電源ユニットがまず目に飛び込む

電源ユニットは扉のように開く構造で、容易にマザーボード部へアクセスできるように配慮されている

拡張カードや内蔵ストレージデバイスは、ツールレスで着脱可能

静音性も魅力

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

デル

▼タップして詳細をみる▼
デルのデスクトップ

デルのノートパソコン

デルのゲーミングノート

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ