【特別企画】FF XIV推奨のG-Tune・ゲーミングPCをグラフィックスカード別に徹底比較

「ファイナルファンタジーXIV」といえば、日本が誇るオンラインRPGの超大作。エオルゼアというファンタジー世界を舞台に、ネットワーク経由で世界中のプレイヤーと冒険を楽しめるMMO(多人数同時参加型)RPGだ。

ファイナルファンタジーシリーズには、その時代の最先端グラフィックス技術が注ぎ込まれており、現実世界以上に美しい世界が眼前に描き出されるが、それを忠実に、

遅延なく楽しむためにはハイスペックなゲーミングPCが必須。ただ、どれだけのスペックがあれば快適に動くのかわからないので、これからプレイをする人にはメーカーが認定している推奨パソコンがおすすめだろう。しかし、そのPCのスペックを見ただけではどれだけ快適にプレイできるのか分かりづらい。そこでマウスコンピューターのG-Tuneブランドからリリースされている「ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン」を実際に検証してみた。

G-Tuneの「ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン」にはデスクトップからは4モデル、ノートパソコン1モデルでており、グラフィックスもGeForce GTX 1060(3GB)からGeForce GTX 1080まで豊富なラインナップが揃えられている。さらに、予算に応じてCPUやメモリ、ストレージなど、細かくカスタマイズもできる。

「ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン」3モデルの基本仕様をチェック

今回の検証に使用した3モデルは、「GeForce GTX 1060(3GB)」を搭載する「NEXTGEAR-MICRO im570SA6-FF14」、「GeForce GTX 1070(8GB)」を搭載する「NEXTGEAR i660GA1-FF14」、「GeForce GTX 1080(8GB)」を搭載する「NEXTGEAR i660PA1-FF14」だ。

左から「NEXTGEAR-MICRO im570SA6-FF14」「NEXTGEAR i660GA1-FF14」「NEXTGEAR i660PA1-FF14」。「NEXTGEAR i660GA1-FF14」と「NEXTGEAR i660PA1-FF14」には外観上の差はない

NEXTGEAR-MICRO シリーズ

では各モデル詳しく見ていくとしよう。

まずは、お手頃な価格が嬉しいミドルスペックの「NEXTGEAR-MICRO シリーズ」 。

推奨モデルは、「NEXTGEAR-MICRO シリーズ」のNEXTGEAR-MICRO im570SA6-FF14

「ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン」ではGeForce GTX 1060(3GB) GeForce GTX 1070(8GB)搭載モデルが用意されている。

「NEXTGEAR-MICRO im570SA6-FF14」の前面。中央の前面パネルはワンタッチで取り外せるので、メンテナンスが容易だ

「NEXTGEAR-MICRO im570SA6-FF14」の背面 。映像端子は2(DVI-D×1、DisplayPort×1)(DVI-HDMI変換コネクタ付属)を備えているので、マルチディスプレイのゲーム環境構築にもってこいだ

「NEXTGEAR-MICRO im570SA6-FF14」の前面入出力端子。USB端子を3つ、ヘッドフォン、マイク端子を搭載しているので、ゲーミングヘッドセットやゲームパッドも手軽に装着できる

「NEXTGEAR-MICRO im570SA6-FF14」の内部写真 。MicroATX対応ミニタワーケースながら、将来的に大型のグラフィックスカードを2基搭載できるスペースが確保されている

NEXTGEAR シリーズ

ハイスペックモデルが欲しい人は、ぜひ「NEXTGEAR シリーズ」をおすすめしたい。

推奨モデルは、「NEXTGEAR シリーズ」のNEXTGEAR i660PA1-FF14とNEXTGEAR i660GA1-FF14

なお、「ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン」ではGeForce GTX 1070(8GB) GeForce GTX 1080(8GB)搭載モデルが用意されている。

「NEXTGEAR シリーズ」のフロントパネルのアップ。西洋騎士の兜をほうふつとさせる形と青い光が印象的だ

「NEXTGEAR i660PA1-FF14」の前面。精悍なフォルムのフロントパネルには、前面下部と側面に吸気口が設けられており、前面中央部に取り付けられている吸気ファンによりスムーズな吸気を実現している

「NEXTGEAR i660PA1-FF14」の前面。パネルを開けるとDVDスーパーマルチドライブが現れる。ドライブベイの下はワンタッチで取り外せる防塵フィルター付きのメッシュパネルとなっており、ホコリの清掃は容易だ

「NEXTGEAR i660PA1-FF14」の背面。USB端子は背面だけで6つ用意されているので、USBハブなどを使わずに多くの周辺機器を直接装着できる。映像端子も2(DVI-D×1、DisplayPort×1)(DVI-HDMI変換コネクタ付属)が用意されているので、マルチディスプレイ環境だけでなく、VRシステムの構築にも向いている

「NEXTGEAR i660PA1-FF14」の前面入出力端子とマルチカードリーダー。ゲームコントローラー、ヘッドセットの装着はもちろん容易だが、デジタルカメラやスマホのメモリーカードの読み込みにも重宝する

「NEXTGEAR i660PA1-FF14」の内部写真。大型ケースだけにグラフィックカードの2枚刺しに余裕で対応。2.5インチ、3.5インチストレージに対応したハードディスクベイが4基中2基空いているので、大容量ゲームでストレージ容量が心許なくなっても、手軽にドライブを増やせる

次に各機種のスペックについてだが、グラフィックスカード以外のスペックはほぼ同じとなっている。「NEXTGEAR-MICRO im570SA6-FF14」が「Intel Core i7-7700 プロセッサー(3.60~4.20GHz)」、「NEXTGEAR i660GA1-FF14」と「NEXTGEAR i660PA1-FF14」が「Intel Core i7-7700K プロセッサー(4.20~4.50GHz)」を搭載。主なスペックは下記表で、さらに細かなスペックは公式サイトで確認してほしい。

検証に使用する3モデルの主なスペック(※2017年6月現在の構成と価格)

購入するモデルを選ぶ際に、最も悩ましいのがグラフィックスカード。ハイエンドゲームにとって、ある意味CPU以上に重要なパーツであるグラフィックスカードには、それなりの性能差がある。というわけで今回の記事では、グラフィックスカードに応じてファイナルファンタジーXIVのパフォーマンスがどのくらい変わるのか検証してみよう!

「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター」で検証

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

マウスコンピューター

▼タップして詳細をみる▼
マウスコンピューター/G-Tune

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ