【特別企画】設置場所を選ばない、高コストパフォーマンスなスリム型デスクトップPC「LM-iGS320S1-S2」

省スペースボディながら充実のパフォーマンスを備えた、マウスコンピューターのスリム型デスクトップPC「LUV MACHINES Slim iGS」シリーズ。今回はその中から、インテルの第7世代CPUを搭載した「LM-iGS320S1-S2」の実力を見ていこう。

設置場所をとらないスリム型デスクトップPC「LUV MACHINES Slim iGS」シリーズの高速SSD搭載モデル「LM-iGS320S1-S2」

W1000×D700mmの標準的な事務用スチールデスクに、21.5型液晶ディスプレイと組み合わせて設置した例。手前側を広く使えるだけでなく、ディスプレイ右側にまだ300mmほどの余裕があるため事務用品なども置いておける

従来と比べてノートPCの高性能化が進む中、最近ではデスクトップPCに「本体が大きくて設置場所に困るし、スリム型もあるけれど、こちらは性能面がいまひとつ……」というイメージを持つ人も少なくない。そこでぜひ知ってもらいたいのが、マウスコンピューターのスリム型デスクトップPC「LUV MACHINES Slim iGS」シリーズだ。同シリーズは、設置場所を選ばない省スペース設計のボディに、高性能なインテルの第7世代CPUやGeForce GTX 1050(2GB)を搭載。コンパクトさとパフォーマンスを見事に両立している。

同シリーズには2種類のモデルがラインアップされているが、今回試用した「LM-iGS320S1-S2」はインテル Core i5-7400 プロセッサー、8GBメモリ、240GBのSSDなどを備え、89,800円(税別)という価格を実現したコストパフォーマンスの高さが魅力だ。

このサイズにディスクリートGPUを搭載している点は驚くべきポイントだ。最近はCPUの内蔵GPUも高性能になってきたが、それでもディスクリートGPUの処理能力には及ばない。例えば、Adobe系のソフトウェアでは、ハードウェアアクセラレーションが有効だと操作のレスポンスも段違いに変わる。スリムPCだと一般的には、「オフィス向け」と捉えられがちだが、「LUV MACHINES Slim iGS」ではクリエイティブな作業もある程度対応することができる。またSSDは、HDDと比べて起動やデータ移動など、アクセス速度に関わる処理時間を大幅に短縮できるので、体感的な満足度も高い。

スリムながら充実のインタフェースと拡張性

それではスペックの前に、「LUV MACHINES Slim iGS」シリーズの外観から見ていきたい。その特徴である本体サイズはW100×D393×H364mmで、デスクトップPCながら非常にコンパクト。標準的なサイズといえる「NEXTGEAR i660」シリーズのW190×D543×H450mmと比べると、幅100mmというのがいかにスリムかよくわかるだろう。これにより、液晶ディスプレイの横にもスッキリと設置することができる。また、縦置き・横置きの両方に対応しているため、レイアウトの自由度が高いのもうれしい点だ。

「スリムなのは良いけれど、インタフェース周りが使いにくいのはちょっと……」と思ったそこのアナタ。同シリーズのインタフェースは、利便性と実用性が十分に考慮されているので安心してほしい。まずフロントベゼルには、マルチカードリーダー、USB 2.0×2、ヘッドフォン出力/マイク入力を装備。デジタルカメラで撮影した写真の取り込みや、周辺機器の利用がスムーズに行える。シンプルながら機能的なデザインも好印象だ。

背面にはUSB 2.0×2、USB 3.0×2を備えており、プリンタをはじめ常時つないでおきたい周辺機器との接続用に十分といえる。また、キーボード&マウス接続で根強い人気があるPS/2×2も搭載。ディスプレイ出力はDVI-D×1、DisplayPort×1の2系統で、DVI-HDMI変換コネクタが付属するのもうれしい配慮だ。

フロントベゼルにはDVDドライブのほか、マルチカードリーダー、USB 2.0×2、ヘッドフォン出力/マイク入力を装備

本体背面にはUSB 2.0×2、USB 3.0×2のほか、キーボード&マウス接続で根強い人気があるPS/2×2も装備。ディスプレイ出力はDVI-D×1、DisplayPort×1の2系統だ

電源ボタンは本体上部の前方に配置されている

黒を基調としたシンプルなデザイン。左側面には通気口が設けられている(左:右側面、右:左側面)

同シリーズはスリム設計ながら、グラフィックスカードやストレージの増設が可能な拡張性の高さも魅力の一つといえる。「LM-iGS320S1-S2」は標準で240GBのSSDを搭載しているが、容量不足を感じたときや購入時のカスタマイズ時にデュアルストレージ化ができるのだ。ただし、グラフィックスカードを標準のGeForce GTX 1050(2GB)から変更する場合は、Low Profile PCI対応の製品を選ぶということだけ注意していただきたい。

こちらはケースを開けた状態。コンパクトながらケーブル類もスッキリとまとめられている

Low Profile PCI対応のGeForce GTX 1050(2GB)

「LM-iGS320S1-S2」の標準ストレージは240GBのSSDのみなので、開いている5インチベイにHDDやSSDを増設可能

高水準かつバランスに優れたパフォーマンスを発揮

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

マウスコンピューター

▼タップして詳細をみる▼
マウスコンピューター/G-Tune

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ