【特別企画】ダブル水冷でパフォーマンスを最大限引き出す! – マウスの「NEXTGEAR i650PA7-SP3-DL」

マウスコンピューターは、近年「期待を超えるコンピューター」というスローガンのもと、挑戦的なモデルを多数発表している。ゲーミングPCブランド「G-Tune」から発売されたダブル水冷モデル「NEXTGEAR i650PA7-SP3-DL」もそのうちの1台といえる。「クイックコネクト」を採用し、一台のラジエーターでCPUとGPUを冷却する本機の機構を詳しく見ていきたいと思う。

マウスコンピューターのG-Tuneブランドから発売されたダブル水冷モデル「NEXTGEAR i650PA7-SP3-DL」。価格は税別204800円から

PCゲーマー垂涎のハイスペックパーツを搭載

「NEXTGEAR i650PA7-SP3-DL」は、ミドルタワーPC「NEXTGEAR」シリーズの筐体に、水冷ユニットを組み込んだゲーミングPCだ。その冷却性能を活かすべく、CPUやグラフィックスカードにはハイエンドクラスのパーツを搭載している。まずは本機のスペックについてチェックしよう。

CPUには"Skylake"世代の「Intel Core i7-6700K」を採用しており、定格クロック4.0GHz、ターボ・ブースト時には4.2GHzという高いクロックで動作する。グラフィックスカードには、"Pascal"世代の「NVIDIA GeForce GTX 1080」を装備。アーキテクチャが変わり、Maxwell世代と比べて動作クロックなどが引き上げられたため、パフォーマンスも大きく向上している。

CPU-Zにて確認した「インテル Core i7-6700K」。ターボ・ブースト機能利用時には4.20GHzまで動作クロックが上がる

GPU-Zにて確認した「NVIDIA GeForce GTX 1080」。動作クロックはリファレンスに準拠だ

メモリはDDR4-2133で、標準の容量は8GB×2枚の計16GB。ワンチップ当たりの容量が増加しているためか、チップが搭載されているのは片面のみだ。ストレージは2台構成となり、システムドライブに240GB SSD、データドライブに2TB HDDが搭載される。アプリ用とデータ用として、うまく使い分けたい。

メモリには、標準でDDR4-2133の8GBモジュールを2枚搭載。なお、オプションで最大64GB(16GB×4)の容量を利用できる

システムドライブには240GBのSSDを採用。プラスチック製のトレイに取り付けられた状態でケースに設置されている

「CrystalDiskMark 5.1.2」で計測した240GB SSDの速度

データドライブとして、2TBのHDDを搭載。こちらもプラスチック製のトレイに取り付けられ、ケース内ケージに設置

「CrystalDiskMark 5.1.2」で計測した2TB HDDの速度

西洋甲冑のようなケース

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

▼タップして詳細をみる▼
マウスコンピューター/G-Tune

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ