「WD Black NVMe SSD」8枚RAIDで19,074Mbpsの爆速デモ【COMPUTEX TAIPEI 2018】

COMPUTEX TAIPEI 2018のWestern Digitalブースでは、同社が5月17日に国内投入した、NVMe対応SSDの新製品「WD Black NVMe SSD」を中心とした新製品群の展示を行っていました。

「WD Black NVMe SSD」は、PC内蔵用SSDのハイエンド製品。今回の新モデルで2世代目となり、シーケンシャルリードが3,400MB/秒、シーケンシャルライトが2,800MB/秒という高速な読み書きが特徴です。5月25日から日本でも発売しており、実売価格(税別)は250GBモデルが13,000円前後、500GBモデルが24,000円前後、1TBモデルが47,000円前後となっています。

さて、ブース内では、この「WD Black NVMe SSD」8枚をRAID構築したデモンストレーションが紹介されていました。気になるその速度は……。

なんとリード19,000Mbps以上の爆速(写真では19,074.14Mbpsとなっています)。個人向けでは用途がパッと思い浮かばないくらいの高速さです。聞いてみると、単体であれば主にPCゲーマー層を想定した製品となりますが、このシステムは「ゲーマーにはオーバースペックすぎる」ため、搭載しているPCメーカーから、航空会社など主に法人向けに提供されているとのことでした。

  • このデモで使っているCPUは16コア32スレッドのThreadripper 1950X。規格値はシーケンシャルリード19,000Mbps、シーケンシャルライト11,000Mbps

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ