「ドラゴンゴッド」こと、ROG初の水冷CPUクーラー「RYUJIN」をチェック【COMPUTEX TAIPEI 2018】

ASUSのゲーミングブランド「ROG」において、初のオールインワン水冷CPUクーラー製品となるのが「RYUJIN」(龍神)と「RYUO」(龍王)だ。COMPUTEX開幕前日のプレスカンファレンスでも紹介されているが、COMPUTEXのASUSブースでも展示が行われていたので、ここでレポートしよう。

オールインワン水冷はすでに各社から多数登場している。「いまさら……」と思われるかもしれないが、そこはさすがのROGブランド。普通の製品を出してくるわけがなく、かなり尖ったハイエンドな仕様になっている。

目を引くのは、水冷ブロックに搭載された1.77インチのカラーOLED画面だ。ここに、CPU温度などのシステム情報を表示したり、カスタムアニメーションを表示するような使い方が可能。このあたりの使い方は、ROGマザーボードの「LiveDash」機能と同じと考えて良く、工夫次第で様々な表現ができそうだ。

能になっている|

上位モデルのRYUJINには、なんとNoctua製の2,000回転PWMファンを採用。静音性の高さには定評があり、冷却性能との両立が期待できるだろう。また、水冷ブロックには、別途ファンも内蔵しており、CPU周辺のVRMやM.2を冷却。水冷時に問題になりやすいCPU周辺の発熱にも配慮した。

ラジエータの違いにより、2種類をラインナップ。トリプルファン/36cmのRYUJIN 360と、デュアルファン/24cmの同240で、TDPはそれぞれ220Wと150Wになるという。ワールドワイドでの発売は、今年第3四半期を予定。日本国内での発売時期は未定となっているが、今後アナウンスがあると思うので、注目したいところだ。

引用元:この記事を読む

この商品の在庫を見てみる

ドスパラ

▼タップして詳細をみる▼

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ