今売れ筋、旬のBTOパソコンのニュースをまとめています。

iiyama PC、Ryzen 3とGeForce GT 1030搭載で8万円台のミニタワーPC

ユニットコムは2月20日、iiyama PC「LEVEL∞」より、CPUにAMD Ryzen 3 1200、グラフィックスにNVIDIA GeForce GT 1030を搭載したエントリー向けのミニタワーPC「LEVEL-M0B3-R2-IN」を発売した。標準構成の価格は税込85,298円。

  • LEVEL-M0B3-R2-IN

    LEVEL-M0B3-R2-IN

主な仕様は、CPUがAMD Ryzen 3 1200、チップセットがAMD B350、メモリがDDR4-2666 8GB、ストレージが1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GT 1030 2GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ、電源が500W 80PLUS SILVER、OSがWindows 10 Home 64bit。

今週の秋葉原情報 – 待望のGPU内蔵Ryzen「Raven Ridge」がデビュー、Ryzen初のTUFマザーも

待望のGPU入りRyzenがついに登場!

AMDから、コードネーム「Raven Ridge」こと、新型CPUの「Ryzen Desktop APU」が登場、「Ryzen 5 2400G」「同 3 2200G」の2モデルが発売となっている。従来のRyzenはGPU非搭載だったが、このRyzen 2000番台では、Radeon Vega世代のGPUが統合されたのが大きな特徴。価格はそれぞれ、21,500円前後と14,000円前後。

CPUコアはどちらも4コアだが、2400Gは8スレッド、2200Gは4スレッドになる。またGPUコア数にも違いがあり、前者は11コア、後者は8コアだ。TDPはともに65W。性能については、いつものように大原氏が詳細なレビューを行っているので、そちらを参照して欲しい。

この値段でゲームもそこそこできてしまうのだから、コストパフォーマンスはかなり高い。ショップでの売れ行きも好調のようで、特に上位モデルの方が圧倒的に選ばれているそうだ。

ソケットは従来通りAM4なので、既存のX370/B350マザーボードが利用できるが、Raven Ridgeで使うためにはBIOSアップデートが必要。ショップ側でアップデート済みの場合もあるので、購入の際には店頭で確認しよう。

ドスパラ秋葉原本店では、発売を記念したキャンペーンを実施。ASRock製マザーボードと同時購入することで、RyzenクッションとASRockバッグをプレゼントしていた。

  • Ryzenクッション

  • ASRockバッグ

またパソコン工房 秋葉原 BUY MORE店では、早くも殻割りのRyzen 5 2400Gが展示されていた。いつも通り、”殻割りスト”とっしー氏が協力したもので、興味がある人は店頭で見てみると良いだろう。

注目のRyzen向けTUFマザーボード

ASUSの「TUF B350M-PLUS GAMING」は、高耐久を謳うTUFシリーズのマイクロATXマザーボードだ。価格は抑えつつ、信頼性の高い部品や各種保護機能を搭載。Ryzen向けとしては初のTUFマザーということで、人気モデルになりそうだ。M.2スロットや、USB3.1ポートも用意する。価格は12,500円前後。

タフでコンパクトな自転車用ロック、東京・AKIBA STARTUPで展示

東京・秋葉原のパソコン工房 AKIBA STARTUPは、クラウドファンディングサイト「GREENFUDING」で支援金を募集中の、コンパクトで持ち運びやすい自転車用のロック「OTTOLOCK(オットーロック)」の展示を行っている。展示期間は2018年3月31日まで。

  • OTTOLOCK

    OTTOLOCK

OTTOLOCKは、自転車の盗難防止に利用するロック。2016年に第1弾がリリースされ、今回展示しているのは堅牢性を強化した第2弾だ。ロックは3桁のダイヤル式で、多層レイヤーケーブルを採用。このケーブルには、ステンレス、ケブラー、サントプレーンといった素材が使われ、耐加熱性と防塵性を兼ね備えたうえに、切れにくい構造となっている。

ケーブル長は45cm、76cm、150cmの3種類から選べ、重さはそれぞれ116g、150g、230g。丸めればコンパクトに収まる。色はブラック・オレンジ・グリーンの3種類。

2018年2月20日現在、GREENFUDINGでは、目標金額300,000円に対し、16,470,980円(目標金額の5,490%)を集めている。支援金の受付け日数は残り19日。GREENFUDINGにおける販売価格は、ケーブル長45cmが7,980円(税込)、76cmが8,980円(税込)、150cmが9,980円(税込)。

仮眠専用のアイマスク「Naptime」、AKIBA STARTUPで展示中

東京・秋葉原のパソコン工房 AKIBA STARTUPでは2月28日まで、クラウドファンディングサイト「GREENFUDING」で支援金を募集している、仮眠専用のアイマスク「Naptime(ナップタイム)」の展示を行っている。

Naptimeは、10分から20分ほどの仮眠で使用するために開発されたアイマスク。脳波を測定するEGGセンサーをアイマスク上部に搭載し、スマートフォンと連携することで、深い睡眠に入る前に音楽を流して起こしてくれる。EGGセンサーは着脱可能となっており、別のアイマスクにも取り付け可能だ。

NaptimeのEGGセンサー部には、USBケーブルとイヤホンが付いている。使い方は、まず専用の無料アプリをインストールしたスマートフォンとNaptimeをUSBケーブルでつなぎ、Naptimeとイヤホンを装着する。

アプリのスタートボタンを押すと、Naptimeが脳波の収集を始め、睡眠導入に最適な音楽を流す。睡眠の質はスコア化し、「リラックス状態」「睡眠導入」「睡眠状態」の3段階に分けて記録。深い睡眠に入る前に、適切な音楽をかけてユーザーを起こすため、起床時の不快感が少ないという。

ケーブルの端子は、iPhone用とAndroid用の2種類を用意し、iPhone用にはlightning、Android用にはmicroUSBとType-Cが備わっている。対応機種は、iPhone 5以降、iPad 4、iPad miniシリーズ、iPad Airシリーズ、Android 5.0以降。

なお2018年2月19日の13時現在、GREENFUDINGでは、目標金額500,000円に対し、3,819,601円を集めている。支援金の受付け時間は残り32時間。本体価格は19,800円(税込)だが、GREENFUDINGでは17,820円(税込)で購入できる。

仮眠専用のアイマスク「Naptime」、AKIBA STARTUPで展示中

東京・秋葉原のパソコン工房 AKIBA STARTUPでは2月28日まで、クラウドファンディングサイト「GREENFUDING」で支援金を募集している、仮眠専用のアイマスク「Naptime(ナップタイム)」の展示を行っている。

Naptimeは、10分から20分ほどの仮眠で使用するために開発されたアイマスク。脳波を測定するEGGセンサーをアイマスク上部に搭載し、スマートフォンと連携することで、深い睡眠に入る前に音楽を流して起こしてくれる。EGGセンサーは着脱可能となっており、別のアイマスクにも取り付け可能だ。

NaptimeのEGGセンサー部には、USBケーブルとイヤホンが付いている。使い方は、まず専用の無料アプリをインストールしたスマートフォンとNaptimeをUSBケーブルでつなぎ、Naptimeとイヤホンを装着する。

アプリのスタートボタンを押すと、Naptimeが脳波の収集を始め、睡眠導入に最適な音楽を流す。睡眠の質はスコア化し、「リラックス状態」「睡眠導入」「睡眠状態」の3段階に分けて記録。深い睡眠に入る前に、適切な音楽をかけてユーザーを起こすため、起床時の不快感が少ないという。

ケーブルの端子は、iPhone用とAndroid用の2種類を用意し、iPhone用にはlightning、Android用にはmicroUSBとType-Cが備わっている。対応機種は、iPhone 5以降、iPad 4、iPad miniシリーズ、iPad Airシリーズ、Android 5.0以降。

なお2018年2月19日の13時現在、GREENFUDINGでは、目標金額500,000円に対し、3,819,601円を集めている。支援金の受付け時間は残り32時間。本体価格は19,800円(税込)だが、GREENFUDINGでは17,820円(税込)で購入できる。

iiyama PC、Core i7-7700HQ搭載のクリエイター向け15.6型ノートPC

ユニットコムは19日、iiyama PCブランドの「SENSE∞」より、Intel Core i7-7700HQとNVIDIA GeForce GTX 1050、15.6型フルHD液晶搭載のクリエイター向けノートPC「SENSE-15FX078-i7-LNSS」を発表した。同日から販売開始する。BTOに対応し、税別価格は109,980円から。

  • SENSE-15FX078-i7-LNSS

一般的なノートPCに搭載される低電圧版ではない、Intel Core i7-7700HQを採用したノートPC。高い処理性能に加え、ミドルレンジ向けGPUであるNVIDIA GeForce GTX 1050の搭載により、イラストや2Dアニメーション制作などが快適に行なえるとする。ストレージはSSDを搭載。

基本構成時の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7700HQ(2.80GHz)、チップセットがMobile Intel HM175、メモリが8GB PC4-19200(4GB×2)、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1050 2GB、ストレージが240GB SSD、光学ドライブが非搭載、液晶が15.6型(1,920×1,080ドット)、OSがWindows 10 64bitなど。

ネットワークはギガビット有線LAN、IEEE 802.11 ac/b/g/n、Bluetooth 4.2。インタフェースとして、USB 3.0(Type-C)×1、USB 3.0×2、USB 2.0×1、HDMI×1,miniDisplayPort×2、SD(HC/XC)/MMC対応カードリーダー、200万画素Webカメラなどを装備。本体サイズはW377×D267×34で、重量は約2.3kg。

iiyama PC、Core i7-7700HQ搭載のクリエイター向け15.6型ノートPC

ユニットコムは19日、iiyama PCブランドの「SENSE∞」より、Intel Core i7-7700HQとNVIDIA GeForce GTX 1050、15.6型フルHD液晶搭載のクリエイター向けノートPC「SENSE-15FX078-i7-LNSS」を発表した。同日から販売開始する。BTOに対応し、税別価格は109,980円から。

  • SENSE-15FX078-i7-LNSS

一般的なノートPCに搭載される低電圧版ではない、Intel Core i7-7700HQを採用したノートPC。高い処理性能に加え、ミドルレンジ向けGPUであるNVIDIA GeForce GTX 1050の搭載により、イラストや2Dアニメーション制作などが快適に行なえるとする。ストレージはSSDを搭載。

基本構成時の主な仕様は、CPUがIntel Core i7-7700HQ(2.80GHz)、チップセットがMobile Intel HM175、メモリが8GB PC4-19200(4GB×2)、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1050 2GB、ストレージが240GB SSD、光学ドライブが非搭載、液晶が15.6型(1,920×1,080ドット)、OSがWindows 10 64bitなど。

ネットワークはギガビット有線LAN、IEEE 802.11 ac/b/g/n、Bluetooth 4.2。インタフェースとして、USB 3.0(Type-C)×1、USB 3.0×2、USB 2.0×1、HDMI×1,miniDisplayPort×2、SD(HC/XC)/MMC対応カードリーダー、200万画素Webカメラなどを装備。本体サイズはW377×D267×34で、重量は約2.3kg。

iiyama PC、Core i9-7920X搭載のハイエンド小型デスクトップPC

ユニットコムは2月16日、「iiyama PC」ブランドの「LEVEL∞」より、Intel Core i9-7920Xを搭載するコンパクトデスクトップPC「LEVEL-CR29-LCi9SX-XNVI」を発売した。価格は415,778円(税込)。

  • LEVEL-CR29-LCi9SX-XNVI

C-Classに属し、Intel Core Core i9-7920Xを搭載するコンパクトゲーミングデスクトップPC。12コア/24スレッドの圧倒的処理能力により、複数のタスクを高速で処理する。グラフィックスにはNVIDIA GeForce GTX 1080 Tiを搭載し、最高の描画性能を提供。

ストレージはNVMe対応のM.2 SSDとHDDのツインドライブ構成。ケースはコンパクト設計ながら、3台までのSATAストレージを内蔵可能。前面にはエアベントを備え、オプションで水冷式CPUクーラーを組み込むこともできる。

主な仕様は、CPUがIntel Core i9-7920X(2.90GHz)、チップセットがIntel X299、メモリがDDR4-2400 32GB(8GB×4)、ストレージが250GB NVMe M.2SSD+1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080 Ti(11GB)。OSはWindows 10 Home 64bit。

ネットワークはGigabit Ethernet有線LAN×2、IEEE802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2。インタフェースはUSB 3.1 Type-C×1、USB 3.1 Type-A×1、USB 3.0×6、DVI-D×1、D-Sub×1など。本体サイズはW177×D388×H296mm。

iiyama PC、プロe-Sportsプレイヤーが勧める「鉄拳7」動作推奨PC

ユニットコムは2月16日、「iiyama PC」ブランドの「LEVEL∞」より、e-Sportsチーム「YAMASA」所属のユウ選手、ノビ選手、タケ。選手が推奨する、「鉄拳7」動作推奨PC4モデルを発売した。価格は107,978円から(税込)。

LEVEL-R037-i7K-XNA-TK7

  • LEVEL-R037-i7K-XNA-TK7

「LEVEL-R037-i7K-XNA-TK7」は、e-Sportsチーム「YAMASA」所属のユウ選手、ノビ選手、タケ。選手が推奨する、「鉄拳7(Steam版)」動作推奨PC。「鉄拳7」が快適に安定動作するスペックで構成されている。価格は232,178円(税込)。

主な仕様は、CPUがIntel Core i7-8700K((3.70GHz)、チップセットがIntel Z370、メモリがDDR4-2400 16GB(8GB×2)、ストレージが480GB SSD+2TB HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080 Ti(11GB)。OSはWindows 10 Home 64bit。

インタフェースはGigabit Ethernet有線LAN×1、USB 3.1×2、USB 3.0×5、USB 2.0×2、DVI-D×1、D-sub×1、DisplayPort×1など。本体サイズは約190×D477×H432mm。

LEVEL-R037-i7-RNR-TK7

「LEVEL-R037-i7-RNR-TK7」は、CPUがIntel Core i7-8700((3.20GHz)のモデル。価格は151,178円(税込)。ストレージは240GB SSD+1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060(6GB)に変更されている。その他の仕様はほぼ共通。

LEVEL-M037-i5-RNJ-TK7

  • LEVEL-M037-i5-RNJ-TK7

「LEVEL-M037-i5-RNJ-TK7」は、CPUがIntel Core i5-8400((2.80GHz)のモデル。価格は107,978円(税込)。

メモリはDDR4-2400 8GB(4GB×2)、ストレージは1TB HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060(3GB)に変更されている。その他の仕様はほぼ共通。

LEVEL-R037-i7K-TNSSM

「LEVEL-R037-i7K-TNSSM」は、CPUがIntel Core i7-8700K((3.80GHz)、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1070(8GB)のモデル。価格は194,378円(税込)。

メモリはDDR4-2400 16GB(8GB×2)、ストレージは512GB SSDに変更されている。その他の仕様はほぼ共通。

e-Sports プロライセンス取得記念キャンペーン

「e-Sports プロライセンス取得記念キャンペーン」は、ノビ選手、タケ。選手がe-Sportsのプロライセンスを取得したことを記念して開催されるキャンペーン。2月27日までの期間限定で、今回発表のモデルを特別価格で提供する。

それぞれの価格(税込)は、「LEVEL-R037-i7K-XNA-TK7」が226,778円、「LEVEL-R037-i7-RNR-TK7」が147,938円、「LEVEL-M037-i5-RNJ-TK7」が105,818円。「LEVEL-R037-i7K-TNSSM」は対象外。

ユニットコム、OfficeがセットになったBTO PCを特価販売

ユニットコムは2月16日、Microsoft Officeが標準でインストールされているBTO PC「Officeセット割 対象PC」を、パソコン工房 Webサイトにて発売する。

Officeセット割 対象PCは、Microsoft Officeが標準でインストールされたBTO PCを特別価格で提供するもの。標準でインストールされているのは「Microsoft Office Personal Premium」で、WordやExcelを購入してすぐに利用できる。

Microsoft Officeのグレードアップも可能で、「Microsoft Office Home & Business Premium」には+4,000円で、「Microsoft Office Professional Premium」には+29,000円で変更できる。

ラインナップは、デスクトップ / ノート / ゲーミング / クリエイター / ビジネス / トレーディング向けの全BTO PCと幅広い。

価格の一例として、Intel Celeron N3450、4GBメモリ、500GB HDDの14型ノートPC「STYLE-14HP012-C-CE Office SET」が52,960円(税別)、Intel Core i3-8100、4GBメモリ、1TB HDDのミニタワーPC「SOLUTION-M037-i3-UH Office SET」が74,960円(税別)など。

サブコンテンツ

このページの先頭へ